プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさんお喋りしたいことはあって、だからこそ時間がかかっていてゴメンなさいのblogちゃん。

140字では決して伝え切れないので、私自身がホントに頼りにしているblogなのですが、実はただいまこちらの管理の中である意味工事中で、もうすぐリニューアルした状況でお話しできると思いますので、もう少しだけお待ちくださいね。



~私のつぶやきをTweetでチェックして下さっている皆様は、昨夜元気をもらいに行って来た、六本木ヒルズで開催されていた「ビアパラ」の様子です♪レアなドイツビールばかり、お祭りムードいっぱいで明るく愉しくなる幸せな休日になりました( ^^)Y☆Y(^^ )



~バグパイプの生演奏も♪♪♪南アフリカには負けてませんよー!




~ビアパラのあとに流れた「安堵」にて、お野菜たっぷりのチーズフォンデュは、豚屋さんとは思えない素敵な裏?表?メニュー(^^)豚もちょっとだけ付いてます♪





~そして今、我が家の窓から見た青空は素晴らしく晴れやか!そんな気分で月曜日を迎えられるのも、こうしてblogに再スタート宣言できたから。


皆様、ゆっくり「私の歩き方」している野田ですが、これからもますますどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)
すみません、すっかりご無沙汰しちゃいました

Twitには浮気しません…なんて言いながらも、私みたいについぞmixiの輪に入れなかったタイプの人間にも、わからないなりに適当に独りよがりに呟くことができるため、ここのところ携帯にて、ちょこちょこと小さく呟きながらお便りをしていました

旅先にパソコンを持ち歩かないこともあり、また写真を1枚だけアップできることもわかり、忙しい時期には知らず知らずのうちにTwitがミニマム&ノルマみたいな感覚になっていたのですね。


大殺界の細木幹子のラストイヤーでもあるので(抜けるまであとちょっとだ!)、エネルギーが限界までトーンダウンしないよう、そんな私に願ってもない緩いルールがTwitとの出逢いだったみたいです

…タイプ違いの友人みたいに、性格にもA面B面があるみたいに、自分の人生のアップダウンみたいに、うまく付き合って行こうと思っていますので、どちらの気まぐれな野田もよろしくお願いいたしますね


そんな私の今のKOKOROに、ちょっといいなって入り込んで来た、縁のあるモノや風景たちを今日はお便りいたしますね




~蜷川有紀さんの個展で見つけた、オリジナルの絵葉書。お便りフェチで大人甘い系が大好きな私にピッタリ!プライベートでも最近またやり取りさせていただいている素敵なお姉様ですが、こちらもプライベート仕様にぜひ持ち歩いて普段使いにしたい、そんな温かな雰囲気の作品ばかりです 母含め、大切な人へのお便りに送るようにしています。



~デルグラッパの志郎くんが作ってくれる、懐かしの「グラス・ホッパー」に最近またハマっていますミントとクリームのバランスがピッタリで、あっという間に飲み干してしまう…ワイン&シャンパーニュ・グラスはかなり集めていますが、俄然マイ・カクテル・グラスがほしくなって来ました…



~大好きな和食屋の「風姿「さんのママが作ってくれた、鮎の軽い風干しとクローズ・エルミタージュ2007。ちょっと冷やし気味にしていただくワインと、香ばしさ際立つほど好い塩加減の鮎が、幸せな幸せなマリアージュになるのでした



~家から歩いて3分のところにある、ミッドタウンの公園。たくさんの樹々や花が咲いているこの場所は、ホントに都会のオアシスなのです。柊に蕗、紅葉がいっぺんに被写体になるアングルも珍しいけど(笑)、あちこちに一人佇んでいられる小さな秘密基地みたいな場所があるので、ゆっくりお散歩することができます。犬を散歩させる人、デザインもののジャングルで戯れる子供たち、サンドイッチを頬張るサラリーマン、日除けしながら読書する女性。池の水際や小川も涼しげな癒し場所です。



~あなたは紫陽花ね



~深夜の神戸で何となく買ってみたチーズもの、「カマンベールチーズ・アイス」は侮れない美味しさ。150円だから大きな期待はしていなかったのですが、飲んで疲れて帰って来たホテルの夜景を見ながら、ゆるゆるピンボケな気分で写メ撮りました ローソンだったけど、東京ではまだ未確認。



~Twitで書きましたが、ここが新神戸のオアシス「布引ハーブ園」から見下ろした風景。遠く海まで見えますが、神戸から1番近い観賞用の海岸ってどこなんでしょ?神戸空港ばかり行ってたけど、昼便がなくなり、浦鮨さんにも行ってないなぁー 神戸に浸れる海岸、調べてみよ。ちなみに、ハーブ園の中にに入らなくても、お土産屋さん&レストラン、そしてこの景色は手に入ります




~あちこちに、こんな風に直に触れて香りを嗅ぐことができるハーブたちが出迎えてくれていまし これらミントチームの香りの違いを感じるのも愉しかった 触っちゃダメって言われると触りたくなるけど、どんどん触って ってOKされると、デリケートに大切に触れたくなるから不思議。神戸生まれの野生味あふれる強い香りたちも、KOKOROに長く余韻をもたらす想い出になりました


~そしてただいま浜松町の貿易センタービルのシーサイドトップにて。お仕事前に、30度の東京の空から皆さんに愛を込めて。素敵な週末をお過ごしくださいね
先日お邪魔した横浜のゴージャスなお宅にて。余りにゴージャス過ぎて、帰りに大切なソムリエナイフを忘れて帰ってしまうほどでした☆

高台に建つ白亜の豪邸…内装は大理石をふんだんに使われているにも関わらず、上品で使い勝手が良く、自然な陽の光の入る居心地も素晴らしく良い空間なのでした。

石垣牛を食べ尽くす会…と言いながら、牛にたどり着く前にこんなにあれこれ前菜を作ってくれたのは、私もお仕事をさせていただいたことのある、敏腕シェフのお料理の数々です(^^)v



~カプレーゼ2種のトマトの味わい。薔薇のカッティングが見えるかな?



~三崎港直送のマグロのカルパッチョ。グリーンはすでに初夏の香り。



~鯛と沖縄イカスミのマリアージュ。これがなかなかビックリイケてます!見えないところにアーサー(あおさ海苔)が泳いでいて、磯の香りたっぷり…気分は一気に石垣へ。

その他にも石垣牛のコロッケや、定番ゴーヤチャンプルー、島もずくの天ぷら、などなどー。

石垣牛は石垣の塩でシンプルに焼いたり、スジ肉部分はブルゴーニュの地方料理のポーチドエッグの赤ワイン煮にジョイントさせたりと、ワインと共に時間はあっという間に過ぎ去りました(^-^)

ビールをチェイサーに、シャサーニュの2007と、サシカイヤの2006、何やらボルドーと。

お仕事なのかお遊びなのかわからない微妙な空気を、ワンちゃんのルイくんが和ませてくれました~♪

地下にはカラオケルームもあるそう…野田幹子もバッチリ3曲入っているらしいので、次回はお泊りセットと一緒にお伺いしたいかも(^^)♪




~蜷川有紀さんの個展を見に、上野松坂屋さんへ。出迎えてくれたのは、テーマにもなっている、全面薔薇のデザインのエレベーター!ゴールデンウイークを華やかに盛り上げてくれました。



~最終日に駆け込みで伺ったので、差し入れは地下のワインショップにて冷え冷えのスパークリングワインを♪終了直後に乾杯していただきたかったのと、有紀さんと初めて逢ったのが今でも鮮やかに蘇る「ドン・ペリニヨン」の恵比寿のレストランでのパーティーだったから。




~最後の写メは昨夜。友人でもあり、ミュージシャンでもあり、同じく飲食店の経営者でもあるBeginの上地等さんのお店で、彼の同級生だと言う古見健二さん【アルバム「ステップ」絶賛発売中~私も買わせていただきました♪】の熱いライヴをめいっぱい楽しみました~!


Canonチームは総勢11名で合いの手入れつつワイワイ参加o(^-^)oただし、二次会のためCanonに移動したあとは、すっかり泡盛にやられてしまい、たいして飲んでいないのに全員がいい酔っ払い(一部悪い酔っ払いになりダウン…f^_^;)に☆

それでもゴールデンウイーク最終日・こどもの日、大人がハメをはずすギリギリまで子供に返って楽しんだ、想い出深い夜となりました♪

P.S.)そして全員が翌朝早くからちゃあんと、しっかりお仕事に出かけてみっちり働く、いい大人に戻っていましたとさ(^^ゞ
お久しぶりです♪皆様いいゴールデンウイークを過ごされてますか?

私は今年は東京に張り付いて、地方ナンバーの車に轢かれないように気をつけながら過ごしていま~す(笑)。

そんなある日、初めてランチに行った「わさ」さん、本当にめちゃくちゃ美味しくて、忘れがたいお味のチャイニーズレストランでした!すでに次いつ行こうかと言う感じ(*^_^*)!お店を予約してくれた食いしん坊仲間のかずえちゃん恐るべし(最近はツイッター仲間でもある)、さすがや~。



~都立大学駅から遊歩道をてくてく10分、お散歩日和で食欲増進♪



~大好きな淡桃色の八重桜を見ながら(*^_^*)



~春の野菜&山菜を香りたっぷりに閉じ込めた春巻き。究極のアジアン・キュイジーヌかも!ビックリするよな技に、俄然点心の注文を増やしてしまいました。小さなライムと塩の添え加減で、そのデリカシー具合がおわかりいただけるハズ。



~くらげのフレンチ・マスタード和え。ただ者ではない和え物?!トマトとパッツンパッツンのグリンピースを口に含んだ瞬間、「スパークリングワインのハーフください♪」の一言を、思わず口走っていました\^o^/



~古白鶏のラー油和え…って、やっぱりただ者ならない和え物なのよっ。だから…皆さんに行ってみていただきたいと思う訳です(^^)そしてただ者ではないくらい、香りと輪郭のはっきりしたパクチー。日本でエキストラ・パクチーを頼まなかったのは久しぶり。



~この水餃子、フォルムが2種に形取られていて、2種の食感が愉しめます。憎い演出。色合いに反して決して濃すぎないお味。



~焼き餃子とてただ者ではないのよ…豚肉がしっかり味わえて、この日初めて肉料理食べてるって感じがして。



~それが次なる「黒酢の酢豚」と共に、さらりとフワリと軽い、さりげないのに完璧なお仕事をしてくれる、シンプル・チャーハンをオーダーしてしまい、本日のフィナーレへ(*^_^*)


うきゃっ、またまたチャーハンの写真がない…☆ちなみに、あと2種の春巻き(海老・肉あんっぽい甘味とろりんちょなやつと…スミマセン、正式名称覚えてませんf^_^;)もオーダーしましたが、ハートランドの生ビールでずっと通せるような爽快な、それでいてアップダウンが愉しめる、まさにチャイニーズ遊園地なのでした。


追伸→特筆すべきは「大根の醤油漬け」をぜひ頼んで!と言うこと。痺れまくりながらの快感が長~く続き、潔く四川にトリップできます(^^)v

あ~次回愉しめる日はいつかなっ?!
21日水曜日、杏里さんのビルボードTOKYOでのライヴに行って来ました。20年以上振りでした。

Twitterにはチラリと書きましたが、「オリビアを聴きながら」をアンコールで聴いた瞬間に、ものすごい勢いで、過去の自分に時間旅ー。12才の時に初めて買ったアルバム=杏里さんの1stアルバムのことやら、レコードの針を落とす瞬間のことやら、その時飼ってた猫の表情やら、はたまた食事をしていた、今は亡き父の背中やら…色んな事がオーバーラップして、瞬く間に私は、子供の頃にトリップし、今日までの時間の流れを超最速絵巻物のようにくるくると、巡り巡ってしまったのでした。

杏里さんの、そう、尾崎亜美さん作詩作曲の「オリビアを聴きながら」は、私にとってかけがえのない出逢いに-。身長と体重が同じで、16才だった杏里さんに、亜美さんが曲を書いたのは、まだわずか21才くらいだったかと思います。17才の時に『スター誕生』で私が「地中海ドリーム」を歌ったのも、自分に似合う亜美さんワールドを、杏里さんの曲の中から選びたかったから。そのことは、今の私が地中海への魅力にとりつかれる要因になっていると、充分に考えられますし、「コートダジュール」を書いたのは、その最初の1歩だったような気がします。

杏里さんには、その頃、杏里さんのラジオ番組にゲストとして出演させていただく幸せな機会があり、想像以上に優しく、その人間性に、ますますファンになりましたし、ものすごく緊張したこととを今でも覚えています。

かたや尾崎亜美さんには、その後25才くらいの時、念願のオリジナル曲「with You!」を書いていただき、ミノルタさんのCF曲として流れ、デビュー当時の高田万由子さんの可愛らしい映像が話題になりました。

思えば亜美さんは、33才くらいの若さだった訳ですが、歌い方の指導方法や、その心情の解釈に至るまで、圧倒されっぱなしのオーラと威厳に、ほとんどまともな会話ができなかったように記憶しています。


そんな関係が伏線にありましたが、再会したのはそこから12~3年ほど経ってから。田崎真也さんが尾崎亜美さんと宇崎竜堂さんのトーク番組に出演し、なぜか歌うことになり、改めて紹介してもらったのがきっかけですが、ご夫婦でワインが大好きな尾崎亜美さん&小原礼さんと、音楽とワインを通じて田崎さんや私が出逢えたことは、まさに人生の素敵な偶然、お酒の神様バッカスの粋な計らいだったのかも知れません。

のちに香音な夜会(ワイン&音楽を一緒に愉しんでいただく私の定例コンサート)にいらしていただいたり、全くのインディーズのアルバムに曲を2曲も提供していただいたりと、本当にこれまで良くしていただいて来ました。


あらら、何だか話しがあちこち膨らんでしまいましたが、想いを綴るのに、あれよあれよと時間がかかってしまい。今、満を持してワインバーCanonが自分の店になった私が、すぐそばにあるミッドタウンのビルボードTOKYOで、自分のルーツに触れることができたのは、今のタイミングでとても良かっと思っています。
音が震わせる温かな空間の中で、言葉にできない不思議な涙がどこからか湧いて来て、「オリビアを聴きながら」は私にとって、また深く深く色を重ねて、人生の大切な想いが刻まれる特別な曲へと上書きされる夜になりました。


無理しない、気負わない。そんな自然の縁(よすが)を大切にしたいと思います。
一生は長いけど、ひとりの人と一緒にいられる時間は、案外短いからね。



☆最近の写真を、ざざっとご紹介。




~松尾貴史さんのカレー屋さん「パンニャ」で順番待ちの図。杏里さんのライヴ時間迫る!期待も高まる!



~パンニャの看板。うちの店Canonには、開店以来12年看板がないまま。やっぱり看板は必要だわ。誰か気の利いた看板作って下さる方を募集しようかなぁ。パンニャ…きゃわいい~。文字の変換すらできない私。



~こちらはチキン&キーマのハーフ&ハーフカレー♪ハラペーニョのピクルスの爽やかな青い辛みがまた良いのです。一緒に行った知人とカツカレーを上手くシェアし、お持ち帰りにはチキンベースのほうれん草&カッテージチーズのカレーを手にビルボードTOKYOへ。下北沢にピッタリの、キッチュな出で立ちで中身は真っ当に美味な裏切りのあるカレー。ハマルと思うよ!以降、かなりの割合で色んなカレーを食べたり作ったりしてますもの(笑)。



~土曜日、生徒さんたちにお祝いにいただいた真っ赤なお花のブーケ♪カーネーション、ガーベラ、そしてバラ。個性違いの微妙な仲良し具合が逆に新鮮。




~昨日の日曜日、旅でもないのに羽田空港へ。南国酒家でビール。最高に気持ちのいいお出かけ日和でした。




~Twitterでつぶやきながら迷っていましたが、結局横浜インターコンチネンタルホテルの中にあるチャイニーズ「カリュウ」さんへ(またまた変換できず…麒麟か駱駝みたいな字ですが、また今度f^_^;)。

点心も、オリジナルもスタンダードも充実の眺めの良いレストラン。フロア担当の女性の房さんのサービスが素晴らしい!

・前菜8種。




・チャイニーズに欠かせない、大好きなロゼワイン♪もちろんビール、紹興酒も一緒にいただくのですが♪♪




・サンラー麺にパクチーをエキストラ・トッピング。




・Toiletからもこんなに綺麗な夜景が…何度シャッターを切っても、ピントが合わないから、ま、いっか。

またすぐ更新するぞ、待っててくださいね。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。