プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21日水曜日、杏里さんのビルボードTOKYOでのライヴに行って来ました。20年以上振りでした。

Twitterにはチラリと書きましたが、「オリビアを聴きながら」をアンコールで聴いた瞬間に、ものすごい勢いで、過去の自分に時間旅ー。12才の時に初めて買ったアルバム=杏里さんの1stアルバムのことやら、レコードの針を落とす瞬間のことやら、その時飼ってた猫の表情やら、はたまた食事をしていた、今は亡き父の背中やら…色んな事がオーバーラップして、瞬く間に私は、子供の頃にトリップし、今日までの時間の流れを超最速絵巻物のようにくるくると、巡り巡ってしまったのでした。

杏里さんの、そう、尾崎亜美さん作詩作曲の「オリビアを聴きながら」は、私にとってかけがえのない出逢いに-。身長と体重が同じで、16才だった杏里さんに、亜美さんが曲を書いたのは、まだわずか21才くらいだったかと思います。17才の時に『スター誕生』で私が「地中海ドリーム」を歌ったのも、自分に似合う亜美さんワールドを、杏里さんの曲の中から選びたかったから。そのことは、今の私が地中海への魅力にとりつかれる要因になっていると、充分に考えられますし、「コートダジュール」を書いたのは、その最初の1歩だったような気がします。

杏里さんには、その頃、杏里さんのラジオ番組にゲストとして出演させていただく幸せな機会があり、想像以上に優しく、その人間性に、ますますファンになりましたし、ものすごく緊張したこととを今でも覚えています。

かたや尾崎亜美さんには、その後25才くらいの時、念願のオリジナル曲「with You!」を書いていただき、ミノルタさんのCF曲として流れ、デビュー当時の高田万由子さんの可愛らしい映像が話題になりました。

思えば亜美さんは、33才くらいの若さだった訳ですが、歌い方の指導方法や、その心情の解釈に至るまで、圧倒されっぱなしのオーラと威厳に、ほとんどまともな会話ができなかったように記憶しています。


そんな関係が伏線にありましたが、再会したのはそこから12~3年ほど経ってから。田崎真也さんが尾崎亜美さんと宇崎竜堂さんのトーク番組に出演し、なぜか歌うことになり、改めて紹介してもらったのがきっかけですが、ご夫婦でワインが大好きな尾崎亜美さん&小原礼さんと、音楽とワインを通じて田崎さんや私が出逢えたことは、まさに人生の素敵な偶然、お酒の神様バッカスの粋な計らいだったのかも知れません。

のちに香音な夜会(ワイン&音楽を一緒に愉しんでいただく私の定例コンサート)にいらしていただいたり、全くのインディーズのアルバムに曲を2曲も提供していただいたりと、本当にこれまで良くしていただいて来ました。


あらら、何だか話しがあちこち膨らんでしまいましたが、想いを綴るのに、あれよあれよと時間がかかってしまい。今、満を持してワインバーCanonが自分の店になった私が、すぐそばにあるミッドタウンのビルボードTOKYOで、自分のルーツに触れることができたのは、今のタイミングでとても良かっと思っています。
音が震わせる温かな空間の中で、言葉にできない不思議な涙がどこからか湧いて来て、「オリビアを聴きながら」は私にとって、また深く深く色を重ねて、人生の大切な想いが刻まれる特別な曲へと上書きされる夜になりました。


無理しない、気負わない。そんな自然の縁(よすが)を大切にしたいと思います。
一生は長いけど、ひとりの人と一緒にいられる時間は、案外短いからね。



☆最近の写真を、ざざっとご紹介。




~松尾貴史さんのカレー屋さん「パンニャ」で順番待ちの図。杏里さんのライヴ時間迫る!期待も高まる!



~パンニャの看板。うちの店Canonには、開店以来12年看板がないまま。やっぱり看板は必要だわ。誰か気の利いた看板作って下さる方を募集しようかなぁ。パンニャ…きゃわいい~。文字の変換すらできない私。



~こちらはチキン&キーマのハーフ&ハーフカレー♪ハラペーニョのピクルスの爽やかな青い辛みがまた良いのです。一緒に行った知人とカツカレーを上手くシェアし、お持ち帰りにはチキンベースのほうれん草&カッテージチーズのカレーを手にビルボードTOKYOへ。下北沢にピッタリの、キッチュな出で立ちで中身は真っ当に美味な裏切りのあるカレー。ハマルと思うよ!以降、かなりの割合で色んなカレーを食べたり作ったりしてますもの(笑)。



~土曜日、生徒さんたちにお祝いにいただいた真っ赤なお花のブーケ♪カーネーション、ガーベラ、そしてバラ。個性違いの微妙な仲良し具合が逆に新鮮。




~昨日の日曜日、旅でもないのに羽田空港へ。南国酒家でビール。最高に気持ちのいいお出かけ日和でした。




~Twitterでつぶやきながら迷っていましたが、結局横浜インターコンチネンタルホテルの中にあるチャイニーズ「カリュウ」さんへ(またまた変換できず…麒麟か駱駝みたいな字ですが、また今度f^_^;)。

点心も、オリジナルもスタンダードも充実の眺めの良いレストラン。フロア担当の女性の房さんのサービスが素晴らしい!

・前菜8種。




・チャイニーズに欠かせない、大好きなロゼワイン♪もちろんビール、紹興酒も一緒にいただくのですが♪♪




・サンラー麺にパクチーをエキストラ・トッピング。




・Toiletからもこんなに綺麗な夜景が…何度シャッターを切っても、ピントが合わないから、ま、いっか。

またすぐ更新するぞ、待っててくださいね。

コメント

ミノルタのCMには 思い出が あって 野田さんの事は 音楽情報誌だったか [おおらかな感性ー、云々] の 記事と 顔写真が 載っていて 初めて知りまして その時の 衝撃は 今でも良く覚えていますが すぐに虜になッテしまいました その後だったか 近所の写真屋に カメラを構えながら 微笑む 野田さんのポスターが 貼ってあるでは ないですか! 即 使う予定もないフィルムを 何本か購入した後 貼ってあるポスター 譲ってください!!
と主に懇願したンですが!今は宣伝中だから駄目! その後なら 良いよ。との事でしたが、 そうとなると気になり。 現像を 頼む時に 「西日でポスター焼けチャウから貼る場所変えて下さい」 と今、考えるとトンデモナイ事。言ったら、 そんなにファンなら アゲルよ!と 丁寧に.外しに かかってくれましたので 「ありがとうございます。野田幹子のファンなンです♪」。ッテ言ったら、 え!? この子 野田幹子じゃないよ! カタログに 名前載ってるよ! って渡された ミノルタのカタログの下に記された名前は 野田さんじゃなく 知らない名前でがっかり… 残念だったねー、じゃポスターは いいね!?…ッテ 写真屋になぐさめられて 帰った記憶が あります。 何で あんな勘違いしたんだろ? ミノルタのCMの影響ですね
本当に 頑張ってください

twitterの種さんフォローからの参戦です。とはいっても、亜美さんファンだったりもします。
あっしも日本のポップスの入り口が、オリビアでした。それ以来、コピーしたり、亜美サンの曲をききまくったり(プリズミーからですが)そして、種ちゃんのデジタルポップにやられたながれです。
野田さんの曲も、with youは亜美サンのPointsから知ることに鳴りましたが…、ごめんなさい。
でも、ふしぎですね。twitterのおかげで野田さんのところにもお邪魔できました。
これから野田さんの音楽、探そうと思います。
また来ますね。

with You!

野田さんの with You!も カップリング曲の 2度目のキスは探さないでも 大好きです。

CMも覚えてます!

長文、堪能しました(笑)

尾崎亜美さんの歌いいですよね♪

with You!は、お気に入りの一曲です!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/830-8f167a93


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。