プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い、徒然。

今日の阪神-巨人戦は、木村元コーチに哀悼の意を捧げながら観戦していた野球ファンも多かったでしょうね。かく言う私もその一人でした。

テレビ中継で、「人が一人亡くなると言うことは…」と言うアナウンサーの方の問い掛けに、父の葬儀に見送りに来て下さった唯一の友人・吉田義男さんが解説されている姿に、私はもうひとつの別れを重ねずにいられませんでした。

タイガースが負けても、ジャイアンツが負けても、またどちらが勝っても、選手生命にはトレードがあったり、同じく解説席にいる赤星さんのような晴天の霹靂のような人生があったり、揺れたり戻したり、押したり引いたり、傷んだり傷めたり、泣いたり笑ったりー。

それぞれがそれぞれの人生を準(なぞら)えるような気持ちで、もうひとつのドラマを見ていたのではないでしょうか。

「俺が死んでも、絶対に誰にも言わんといてくれよ。」と言う父の美学を、私たち家族は完全には守れなくて、結局昨日の朝になってから、色んなカタチで訃報が伝わった、繋がった9人の方々が父を見送りに来て下さいました。

でも、それは本当にご縁のあった方々の輪なのだったと。風の中に、そんな自然の声が聴こえてくるが如く、穏やかでこちらの心も悟りと教えを乞うたような、不足も余剰も無駄もない、父らしいお式になりました。
そして何より、そんなさりげないお別れの儀を、誰より父が納得し、安心し、人生に何の後悔もなく、ある意味最高に喜んでくれていることを確信することができましたから。

桜の一番美しい、誰もが自然に微笑みになる季節に、旅と空が大好きだった空と旅立ったお父さん。あなたがこれから私の中に生き続けるために、私は生まれて来たとも言えるのですね。
これからの私の人生が、幾分心強くなったような気がするのは、気のせいではないようです。

私にとっても新しい季節を迎え、また一日一日、人生を重ねて行こうと思います。

コメント

巨人の木村コーチは自分と年齢が変わらないので、残念でならない。各球団全力プレーで優勝目指し球界を発展させ一人でも多く球場に足を運ぶファンが増えることが一番の供養になると思う。

伝統の巨人,阪神戦でしたが 昨日の試合は ラジオやTVでも,うけとる側は 感傷的に 成らずには いられませんでした。特に 吉田義男さんの 解説する 言葉の中には 親友と 過ごしてきた 歴史を 重ねているように 思えて なりませんでした。
本当に 阪神巨人戦で あんな 気持ちに なったのは 初めてです! でも 野田さん家族と吉田さん それに野球と 阪神 と アメリカとフランスとの 深い繋がりは 偶然では ないと 感じました!

まぶしくて、温かい…

野田さん、どんな時もまぶしく輝いている貴女は
ほんとうに素晴らしい。。。
きっとお父様も素敵な方だったのだろうなぁ…と
野田さんの想い出や、お心のフィルター越しに
感じられました。

上手に気持ちが伝えられず、はがゆいわたしですが
野田さんが大好きです。
温かな愛で、野田さんのこれからの未来が
包まれますように…。

お父様の想い出を 大切に

いつまでも お父様の想い出を 大切にしてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/827-ea2479ed


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。