プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日更新…なかなか今は大変です(笑)。何やらあれこれ忙しいもう少しで、Canon再オープンの日にちがお伝えできると思いますので、今しばらくお時間くださいねo(^-^)o


さて、東京に出て来て初めて住んだ下北沢~三軒茶屋~下馬…以来ずーっと、ホントは世田谷区民でいたい!と言うくらい、世田谷方面大好きみっこだったのですが、この間久しぶりに世田谷ツアーをして来ました

Canonを一旦クローズしてから、何やらワインな日々を過ごしていると言うことは、やっぱり私はワインのことが大好きなんだなぁって、仕事にしてしまったことでクールな眼差しになっていたかと思いきや、親としては(誰のや)安心しました


DVC00523.jpg

~15年以上通っている『タケハ~ナ』さんは、色んな意味で、生活リズムのリセットのタイミングに良く訪れるお店。竹花さんののびやかで斬新なアイディア満載のお料理やワイン選びには、いつも脱帽…オリジナリティあふるるおもてなし精神でいっぱい
自然に素直に100%「お客さん」になれて、やめられない&止まらない大切な場所なのです


DVC00525.jpg

~『定番さばみりん干しサラダ』は私の著書「楽しい!オンナのヒトリメシ」でもご紹介した、変わらぬ美味しさこの日合わせたシチリアのロゼワイン『エトナ・ロゼ』はタケハ~ナのゆる~い温もりそのものみたいなホッとするまろやかな味わい良さを再発見やっぱりうち(Canon)にも、ロゼは常備しようっと


DVC00531.jpg

~『タケハ~ナ』から渋谷方面へ向かうと、このキッチュな出で立ちの『ボラーチョ』があります


DVC00529.jpg

~洋食屋さんタイプの昔ながらのイタリアンカキフライやドリアがあり、皆さん飲むと言うより食べに来てる感じ。懐かしさいっぱいで、久しぶりに立ち寄りましたが、藁づとのキャンティ・ルフィーノの姿はもうなく、ノーマルなボトルになっていたことにちょっぴり寂しさを感じてしまいましたが…


DVC00554.jpg

~さて、場所は六本木へ。Canonと同じ小林ビルの2階には、大好きなフレンチ『ブーケ・ド・フランス』さんがありますが、こちらの定番は、冬のお愉しみ鍋料理の『カスレ』


DVC00555.jpg

~マダムが合わせてくれたのがラングドックのワイン「FAUGERES」の2006もちろん相性はこの上ないくらいにピッタリ!鴨や豚やソーセージに、いい感じで煮くずれた豆や野菜が一体となって、どこから食べても美味しい地方料理です


DVC00567.jpg

そして最近かずえちゃんに予約してもらって初めて訪れたのが、感激フレンチの『アニュ』さん広尾の商店街の一画にあり、私にとってはかなり懐かしい青春の想い出の街…なのでした


DVC00586.jpg

~シャンパーニュを差し出して下さったのは、ソムリエの島本さん以前にいらっしゃったお店以来、アニュさんで偶然の再会をさせていただきましたユニークなで可愛らしいお皿に並んだアミューズをシャンパーニュとともにいただいていると、素晴らしい展開へのチケットをガッチリ手に入れたことを確信しました下野シェフとの見事なコラボレーションに、いつもより酔いが回る回る…またまた写真は遠く記憶の彼方へ


かずえちゃんとのディナーは、いつも幸せにフィナーレを迎えます


DVC00595.jpg

~西麻布に同じ会社で働いていた、日本一ソムリエの阿部ちゃんが開いたお店、『ヤキトリ・エ・ヴァン・プーサン』にて阿部ちゃんがずっと置きたかったと言うメニュー「フォアグラのつくね」のタレの利いた味わいに、日本の勝沼醸造さんの赤ワインとがピッタリまだまだ一度では網羅できないバリエーションのメニューは、また通いたくなるカジュアルでお洒落なお店です阿部さん不在の日は、ソムリエの永田さんたちが気持ちいいサービスをして下さいます


DVC00588.jpg


~久しぶりと言えば、銀座のイタリアンにお出かけしたのは何年振りでしょうー入口からすでにそそられる『タヴェルナ・グスタヴィーノ』ここでも不思議な再会をしましたオーナーでソムリエでもある松川さんの選ぶワインは、本当にどれも素晴らしくて、土曜日のランチタイムをどんどん長く長く…まるで時計のない世界へと誘(いざな)い、騙してくださいます


~この「キャンティ・ルフィーナ・リゼルバ 2004」をいただいた瞬間に、心は一気にイタリア・トスカーナへ 初めてイタリアひとり旅で出逢った、あのキャンティとの懐かしい想い出が香りとともに一瞬にして甦り、感動しら覚えるイタリアらしい素敵な素敵なワインでした…お料理はすべて言わずもがなです
ワイン月間は明日のお昼までで一旦中休みかも…明日から沖縄那覇~名護へ、毎年恒例のプチ旅に出かけます

お天気はイマイチだけど、タイガースの調子が絶好調であれば言うことなし

ワインをお休みしても、オリオンビールと地酒泡盛があればニッコリ
長くなりましたーが。こうして旅先で、Canon再オープンや、人生について、真面目に向き合って考えようとしている、大人の思春期のだなのでした

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/799-916c3e8b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。