プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、バーシアのライヴに行って来ました

場所は懐しのブルーノート

バーシアは昔の2倍くらいふくよかになっていて、一瞬ア然、青春時代のときめきを取り戻すまでに、しばし時間がかかりましたが…


20091019232951
~ブルーノート当日のバーシア様のお写真笑顔はあの頃のままあっという間に懐しいひと時は過ぎてしまいました


20091019232954
~バーシア・ナイトのためのスペシャルカクテル白いグラスはヨーグルトとココナッツミルクベースの、甘くて酸味が爽やかなアクセントになってる飲み物&シードルだと思われるので微発泡の林檎の香りいっぱいの小さなグラスの中身を、そのまま飲んでも、加えて飲んでも



さて、『えがおの黒酢』の撮影後半編


20091019232956
~生まれて初めての石神井公園朝の光


20091019232959
~こんなに可愛いオープンエアーのレストラン『ロニオンさんに、すっかり浮かれて上機嫌のみっこ』水面もキラキラ


2009101923300120091019233004
~ディレクターさんと、映像のカメラマンさん、お二人が、本職の合間にわざわざblog用の写メを取ってくださったのですまだ撮影は残っていると言うのに…カメラの外側、カメラ機材を入れてのアングルも想い出になりそうな一枚です


20091019233007
~縦バージョン


20091019233009

~撮影終了の頃には、すっかり陽も傾いて…


そう、実は到着した朝、撮影をスタートしようとした途端に判明した機材のトラブルで、朝の石神井公園から一度離れ、急遽赤坂で料理撮影を済ませてから、再度ロニオンさんでの撮影をお願いして、何とか長い一日に撮影を終えることができたのでした本当は開店前の時間帯すら、難しいくらい、忙しいお店なのに

店長さん始め、お店のスタッフの皆様、本当にご協力ありがとうございました
また機会を見つけて、プライベートでお食事に伺いたいと思います


~だから、私と写っているのは全て午後、夕刻が近づいてきた、斜めの陽の光ー。安堵と達成感、そして撮影スタッフの和やかな雰囲気に、KOKOROもキラキラと、自然に笑顔になれたのでした


さてさて、たった今ヤクルトが負けて、中日がクライマックス・シリーズ2ndステージ進出

もし阪神がヤクルトだったら…などと言う、たらればの未練もなく、いよいよ楽天でも応援しながら、勝負の行方を見守りたいと思います

ま、イマイチ腑に落ちなかったクライマックス・シリーズですが、目論み通り、セパ両リーグにスポットが当たって、今の政治=与野党みたいに、全体の見晴らしが良くなるのは良いことですね


ではまた明日


誕生日まで、またせっせと43歳のうちに更新に励みたいと思います



追伸、ワインや美味しいものをいただくグルメ繋がりの会で、度々ご一緒させていただいていた、憧れの大先輩ミュージシャン加藤和彦さんが、突然空へと旅立ってしまいました。本当に驚いてしまいました。いつも緊張してうまくKOKOROを交わせていなかったような気がして、それは私の中で、勝手な心残りではありますが、貴重な人生のホンの一頁をご一緒させていただいただけでも、ご縁があったのだと、その想い出を大切な宝物にしたいと思います。

まだ、こんな私は神様に生かされてる。生きることの意味を探しながら、ぶつかっても迷っても、何か小さなキラキラしたカケラが見つかる度に、大きな苦労の中に小さな幸せを感じて、時折、人生の素晴らしさを感じ、人生を辞めずにいられているのだと想うし、そう信じたい。

カケラはただのガラスや石ころかも知れないけど、自分にとって輝きを放つ存在、出来事であれば良いのだから。

ダイヤモンドを手にしても、KOKOROが麻痺してしまったなら、瞳がかすんでしまったなら、何の意味も持たないのだから。感じるKOKOROをなくさないようにするのは、大人になるほどに難しくなるけれど。


泉谷しげるさんが言っていたように、どんなに加藤さんが生きたくなくなった、とおっしゃっても、私たちにとってはもう、どうやっても私たちのKOKOROの中に生き続けてしてしまうのです。それぞれの胸に、かけがえのない、世界にたったひとつの輝きを永遠に放ちながら。


加藤さん、いえ、大先輩が皆さんそう呼んでいたように、ずっと呼んでみたかった「トノバン」さん、空の上でゆっくりゆっくり休んでください。だけどトノバンさんが眠っているつもりでも、私たちはトノバンさんのことを、忘れることはありませんから。グラスを傾けていたやさしい笑顔もメロディーも、私たちの人生が続く限り、KOKOROから、消えることはないのですから。

そして、トノバンさんを知っている人たちが、全員この地球からいなくなっても、まだまだ。トノバンさんが星の数ほど紡ぎ出した、音楽と言うダイヤモンドは、本物の輝きを放ちながら、トノバンさんのことを知らない代の、たくさんの人たちのKOKOROの中にまで生き続けるのです。


でもやっぱり、どんな言い訳をしてみても、お別れは寂しいです。また明日って言って逢えないのは、寂し過ぎますー。


今夜は、この頁で繋がっていると、せめて勝手に信じさせてください。


おやすみなさい、トノバンさん。ゆっくりゆっくり、休んでくださいね。

コメント

素敵なポートレートを

40代後半のカメラ小僧としては、こんな素敵なポートレートを、いつか自分も撮ってみたいですね
残念ながら、自分はミノルタ派ではなくてもっぱらオリンパスを愛用していますけど
早速、恋人気分で待受です!いつか会いたいなぁ

えがおの黒酢?CM撮影ですか!?もしそうだったら楽しみです。イーグルスファンの私は幹子さんの応援嬉しいです。ジャイアンツをボコボコにしますから♪お楽しみに

またかよ

セ・リーグは三年連続CS第2ステージが巨人VS中日か…来年はこうならないようにしないと。
タイミングの悪いインフルエンザだったな。ツキが無いとこんなもんか
ファン感謝デーでスワローズナインを労いたい
パ・リーグは楽天というか野村監督を応援している声が多いな~梨田監督にしてみれば「俺だって日本一になりたいよ!」って声が聞こえそうだけど
楽天と日ハムどっちでもいいから日本シリーズで闘いたかったな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/768-da1651d9


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。