プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20091001151035
20091001151032
20091001151030
20091001151028
20091001151026
20091001151020
20091001151018
20091001151016
20091001151013
20091001151011
~小倉駅からさほど遠からず。名店「もり田」に浮足立っての初上陸…のスナフキン幹子♪♪♪


~絶妙なシメ鯖に、


~烏賊と雲丹、蛯子のトッピング。シャリにも蛯子がPetit・Petit・プチリ。


~太刀魚の控えめながらも印象的な握りや、


~語りは要らぬ、蒸し鮑の贅の一貫、


~穴子ホッコリ、見た目よりたおやかに、


~松茸…なのに烏賊のよな、イカした切り絵に愉しい驚き!大人の秋の自由課題の如く。


~名残り鱧は、引き算の握りに魅せおきつつ、その余韻は永く…、


~姫ネギの頃には、すっかりなり切り、お姫様気分(女王様かな?!)。


~薫り豊かな、トロの手巻きを、造り手のその手で渡してくださる大将。


細やかに大胆に、客の悦びや逸る気持ちを的確に捌きながらも、

決して畏れずに向かう、少年のような情熱ー。

他店へも熱心に通われ、鮨へのあくなき恋の成就の為なら、足取り軽やかに追求され続ける大将の士気の貴さが、こちらのお店が一点に留まることなく、蘇生しながら進化し続ける由縁なのだと確信。


もり田の鮨に足りないものはなく、鮨に加えるものもなく、ただひたすらに"様子がいい"。のだもの。

格好、良すぎます(笑)。


この度の「もり田」さんへの旅は、一方的な浮かれた恋に翻弄されっ放しな幹子だったけど。次回はより親密に、嫉妬心も寳(たから)かに、大将と鮨とのアツアツっぷりに、横恋慕は無理でも、横入りくらいしてみたい、みっこなのでした♪


小倉の熱いハートの皆さんに、想いを馳せて…「お世話になった皆さん、ありがとう〓〓〓」。

今夜もまた六本木で、次の旅を魚のように夢見る、スナフキン幹子なのでした(*^_^*)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/760-b6fc76c2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。