プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコク良いとこ、二度目もおいで♪二度目はホテルライフもいい…か~もっねつ、そうかもねっ、ねっ♪♪♪(曲はみんなで考えてー(^^)v)

昨日の朝、赤坂のインターコンチネンタル・ホテルから成田空港行きのリムジンバスに乗り、飛行機に乗り、タクシーに乗り、たどり着いたのは、バンコクのインターコンチネンタル・ホテルです(^^ゞ

先週から睡眠のリズムがうまく取れなくて、かなり疲れも溜まったまま出発したので、今回は無理しない旅、計画しない旅にするとだけ決めていました。

普段の私には考えられないけど、昨夜は結局、ホテルに隣接しているタイ・レストランに行った以外はホテルから一歩も出ず、ゆるゆると過ごしていましたー。

今回インターコンチネンタル・ホテルのクラブ階に泊まったのは、日本でかなり色んなリクエストを細かくできる窓口がある上、ネットよりリーズナブルだったことがきっかけ。とにかく24時間何につけ対応してくれるサービスの良さと、一応女子のひとり旅だから、誰か常に傍にいてくれると言う安心感と、個人に合わせた観光やレストランなどのアドバイスを含めたコンシェルジュ・サービスの細やかさや、私が緩むための旅の際には重視する眺望の良さなど、やはり痒いところに人の手が届いてくれるため、旅特有の煩わしさに一切振り回されることがないってことだったのです。

ホテル内で過ごそうと決めたのも、昨夜37階のラウンジでのハッピーアワーがあまりに居心地良く過ごせたからー。ドバイからいらしたと言う熟年ご夫婦とお喋りしているうちにすっかり和み、ご朝食もこのクラブフロア専用のラウンジだから、ワイワイすることもなし。常にリラックスできる空間を提供してくれる。

朝はお願いすれば日本語の新聞サービスと共に、コーヒーなどを持って起こしに来てくれたりもするし、ランドリーも3枚まで無料でプレスしてくれたり、同じクラブフロアにあるプールやカウンターバーは、バンコクの街を見下ろしながら、理想的な大人加減で世界の旅人が寛いでいるところも絵になるー。

水着を持って来なかった私も思わず何とかして寝そべりたくなってしまう(^^)

ネットや市内電話無料のサービス、iPodの貸し出しなど、枚挙に暇がないほどの嬉しいサービス付き。
強いて不満を上げるとすれば、女子にとっては少々ビジネスカラー寄りなこと、東南アジアらしい鄙びた雰囲気がないこと、だけど、それところとは便利さ・快適さと裏腹な部分でもあるから、選んだこちらのわがままでしかないと思えるのでした。

さっ!、ちょっぴり曇りがちな朝だけど、太陽がだいぶ高く昇って来ました。緩みに遊びを持たせたままの気分で、薄化粧くらいで、朝食をいただいて来るとします。

今日何をするか、何もしないかは、神のみぞ知るバンコク旅。スナフキンにしてはちゃっかり、プライオリティ・クラブの会員になっていたりするみっこなので(笑)、言わずもがなチェックアウトは午後14時だし、フライトが遅い旨を伝えると、15時までのステイをOKしてくれました。これでゆっくり買い物&ランチをしても、荷造りせる時間も確保できますo(^-^)o


…などと言いながら、枕とベッドの固さの具合がちょうど良くって、なかなかお布団から抜け出せないゴロゴロみっこ時間は続いています(>_<)♪

コメント

あらま!

至れり尽くせりなお宿なこと。

今やバンコクも、リゾートというより、ビジネスな街故に、特色は、ビジネスな中のリラクゼーション。とでも言った方が適切なのかもしれやせんぜ。(特にエアライン系だと尚更かも。)

ん~。まるで、石ノ森章太郎先生のコミック「HOTEL」にも似た様な感じなんかなぁ。

お宿でチェックアウトまで、ボーッと出来る時間って良いよねぇ。
前日は夜更かし、朝は二度寝。朝食を採っても、まだ時間がありますから。

オイラは、朝風呂にマッタリと…。ですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/717-69fe397e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。