プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
場所は東京日本橋のホテル・マンダリン・オリエンタル。シャンパーニュのシュヴァリエ叙任式では、なんと叙任者全員の中で1番バッターだった私ですが、緊張することもなく、粛々と、厳かな気持ちで、本当に喜ばしい幸せな気持ちでシュヴァリエの称号をいただくに至ったのでした。


マンダリン・オリエンタルは、お知り合いの披露宴以来2度目でしたが、見た目もお味も、華やかなパーティーに相応しい、素晴らしいお料理たちー。シャンパーニュとを最優先に相性を考えられていて、愛にあふれたご馳走でした。



20090519175122
・前菜は桜エビやサーモン、天豆などを使った爽やかなひと皿、

20090519175126
・こちらの牛蒡とトリュフのスープは、まさにシャンパーニュの深い味わいにピッタリ。心身ともに、酔いが回ってゆくのを感じました。

20090519175128
・2002のクリスタルが贅沢にもこのタイミングで。
・以下、穴子の天ぷらに古代米のリゾット添えや、お魚のカプチーノ仕立て、また、香りの良い鴨の赤ワインソースは、逞しいシャンパーニュに素晴らしい闘いを挑み、両者素敵に引き分けている、大人のマリアージュを鴨…醸し出しているのでした(笑)。
200905191751312009051917513320090519175135

20090519175138
・デセールにいたっては、写真を撮ってみたものの、お喋りに忙しく、手もつけられないまま…f^_^;

なんと言っても、お隣の席が大親友の佐藤里佳ちゃん(今やフジテレビの部長だと!)、久しぶりに会ったものだから話しは尽きず、またそのお隣りも辰巳琢郎お兄ちゃまだったので、食べながら食べるを話ししつ、どのシャンパーニュがどちらに合うとか、大きなグラスをもらって違いを確かめようとか(この辰巳さんのアイディアは素晴らしかった♪神の雫のごとく、高いところからシャンパーニュをデキャンタージュしたりして(*^_^*)ホテルのスタッフには申し訳なかったのですが…☆)、ワイワイと、最後は写真撮影会みたいになってしまい。


20090519175140
叙任式の際、私の隣に写っているのはX-JAPANのYOSHIKIさんだったから(推薦枠も、TAITTINGER社だったので、何だか勝手に香りと音楽繋がりな気がして、ワクワクした気分になりました♪)、お写真をblogに載せることはできないと思われますが、カノンでお客様と撮らせていただいた後夜祭の1枚をご披露いたしますね( ^^)Y☆Y(^^ )


この叙任パーティーのあと、カノンにて、お祝いにと1983の『SALON』を開けて下さったのですー。今や稀少な上に高価で、なかなかいただくことも少ないアイテムですが、このようなシャンパーニュのお祝いの日に飲まなくて、いつ飲むのだ…!と言う気持ちで、有り難く有り難く有り難く……私自身の細胞に変えさせていただきました)^o^(


この日カノンの看板を入れたのは、朝の光も眩しい5時半過ぎ…シャンパーニュの弾けるような余韻は、まだまだ私のキャパシティでは足りないくらい永く、懐懐深く、人生の大先輩なのだと思い知らされたのでしたー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/709-433c875a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。