プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/22に大阪のリーガロイヤル・ホテルに泊まった時の、母とのランチは忘れがたい美味しくて心地良い陽射しが快適極まりない、素敵な時間でした。後ほどご報告します、とお約束してから、ずいぶん日にちが経ってしまいましたが、その幸せのは余韻は、まだ近い場所にあります。

リニューアルしたレストランは1階のガーデンに面した、あくまでも開放感とナチュラル・テイストに溢れた、ランチにぴったりの都会のオアシス。大阪に帰ると、いつもそのサービスのレベルの高さとホスピタリティに感激しますが、私自身が大阪人だからあえて言うと、ちょっとお喋りが過ぎたり、お節介めいた過剰なサービスが鼻についたり…ってこともあります(苦笑)。でもこちらのお店は違う!特にワイン・サービスなど含め、てきぱき動いてくれた笑顔が可愛い女性のサービスは完璧で、お料理の美味しさと相まって、心地良さはどんどんダブルマイル状態に(*^^*)またぜひとも訪れたい、素晴らしい空間でした。アミューズとスープ以外は、コースから違うmenuをセレクトして、母とシェア。いつもフレンチではシェアしない派の私ですが、それくらい魅力的で、本気で迷ってしまったから。

20080704150223
①アミューズは、赤ピーマンのフラン ピーマンの香りと味がギュッと詰まっていて、甘味のある濃さなのに、お野菜の爽やか感はそのまま。フランと言っても、クリームを加えてないのが、梅雨ランチには嬉しいスタート。

20080704150225
②合鴨のミキュイ(半生)?タタキ?のような、素晴らしいお料理!上に乗った松の実や野菜もすべてに意味があり、鴨そのものにも程よい下味がちゃんと付いているから、ワインが進み始め…♪また食べたい~。

200807041502252
③大阪は岸和田のブランド豚「犬鳴豚」のしゃぶしゃぶ風 サラダ仕立てで美味美味!耳で聞いただけですから正しい漢字かわからないけど、豚なに犬が付くから覚えやすっ(笑)。ビネガーとオリーブ、トリュフを適度に香らせ、巧い&旨いお料理。アンディーヴの甘苦味も、犬くんと相性ピッタリの抜群の付け合わせ。これもまた食べたい~。

200807041502254
④これが面白いの、海苔のスープ。海の中で、様々な海草を潮の香りの風味で、食べているみたい!和テイストで、まさしく海苔、なんだけど上品に仕上がっていて、後を引くのでした。

200807041502256
⑤蛙のフリット ブラウンのソース…何のソースだったかなぁ~(^-^;時間が経って忘れてしまったのですが、かなり濃厚だった記憶があります。蛙は、menuにあるとオーダーすることが多い料理ですが、フリットの場合、割りとシンプルにいただくことが多いので、白ワインや泡ものに合わせることが多いのですが、このお料理は熟成した赤…でも気取らないワイン…そこで、この日グラスワインの中にあった、スペインのテンプラニーリョをオーダーしました。樽熟成をしっかりさせたシャルドネや、シェリーのアモンティリャードやオロロソでもかなり面白いけれど、泡(シャンパーニュ)→白(ドイツの辛口リースリング)→赤(テンプラニーリョ&オーストラリアのピノノワール)と言う流れを描き、最後の一皿もイメージしてのセレクション。

200807041502258
⑥天然鰻(私が何度か訪れている、琵琶湖北に浮かぶ滋賀県竹生島産のもの)とフォアグラのソテー こちらは、絶対に頼みたかった一皿。このあたりのお淡水魚は、鮎やもろこアマゴなど、文句なしの逸品揃い(^^)d鰻もあれば必ず、水の駅にて宴会用に入手してしまいます。ただ、この素晴らしい食材を、素晴らしいシェフの手にかかったならこうなるんだ、って言う体験は案外できないものです。サミットが開かれる、洞爺湖ウィンザーしかりで、中にある3つ星レストラン『ミッシェル・ブラス』も素敵だけど、そこからわざわざ真狩村にある『マッカリーナ』まで行って(タクシーで30分くらい、と言っても1万円近くかかるらしい☆)、原産地モノを世界の首脳がいただくって言うのですから…(羨ましい)(^_^)-c<^_^;)

20080704150226
最後の写真は、窓越しに見える緑と水の風景♪可愛いお花は海外のもので、名前を尋ねましたが、こちらはすっかり空っぽに忘れてしまい、記憶なく。やっぱりみっこは花より団子と男子なのでした(*^o^)/\(^-^*)(笑)。

コメント

素敵なランチタイムか、それに比べて自分の7月2日のランチタイムは梅田駅できつねうどんと日吉食堂で他人丼だもんな、食い倒れに行くこと忘れているし その日は葛城選手のサヨナラヒットで勝ってよかったのもあるけど、東京から来たヤクルトファンの自分を温かく迎えてくれた阪神ファンの皆さんにありがとうございます
という素敵な一期一会だった。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/555-1f502455


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。