プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080513091822
これが名古屋でお世話になった「ひつまぶし」です
名古屋で初めてひつまぶしを食べたのは『いば昇』さん。21年前くらいのことですが、こちらの名店『あつた蓬莱軒』さんは初めてでした。実はいつも何気なく使っていた「ひつまぶし」と言う言葉は、蓬莱軒の登録商標なのですね~知らずに失礼いたしました
昨日はいば昇さんが定休日だったこともあり、この度松坂屋のお店に伺ったのですが、すでに20人待ちほどの人気ぶり待ってるあいだに香ばしい鰻の薫りが漂い、お腹が急速に鳴って、期待がぐんぐん膨らみます

待つくらいが楽しくていいかもー

期待以上の久々のひつまぶしは、お重を4等分して(お決まり♪)お碗によそい、①まずはそのままに②山葵・アサツキ・刻み海苔を加えて香り豊かに③それをお出汁でお茶漬け風にして④お好みでアンコールは自由にいただく…のスタイルももちろん健在

④は、私はあえてここでは亜流?の山椒でシンプルにいただきました1番味の濃い尾に近い部分は鰻らしい土っぽい薫りが強いので、やはり山椒との相性も良いもの。蓬莱軒さんの山椒の薫りもとても良かったのと、私の印象ですがいば昇さんよりタレの甘味もこんがり香ばしい感じも強かったので、〆に山椒の真逆のスパイシーさで引き締める感覚でした

白菜のお新香VS奈良漬けが添えてあるように、緑茶VSほうじ茶が出てくるようなイメージで。実際にほうじ茶は出て来ませんが、やはり全般には爽やかに、山葵の風味でいただく方が多いからでしょう。

昨日の名古屋は暖かく、そんな気候でもありましたしね

次回はいば昇さん、そして大好きな味噌煮込みうどんの山本家さんにも久しぶりに行ってみたくなりました

名古屋独特の、あの玉子とじみたいなナポリタンや、小倉トーストのイケてるお店もどなたか教えてちょうだいませ

まだまだ名古屋へと未知なる食文化は、旅のお楽しみです

しばらく名古屋旅はないかもしれませんが、次回は阪神VS中日の熾烈な争いでも観に名古屋ドームに行く旅かな~(と、余裕で語る野田阪神タイガースなみっこであった)

今のところ、はね

コメント

うなぎー

もうすこししたらうなぎの季節ですねぇ
毎年土用の丑の日に食べにいってるのが
帝釈天にある鰻屋さんの「川千家」
ここもひつまぶしがあるんですが、
3500円ぐらいするんでまだ食べたことありません。。
でも食べたいなぁw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/514-f2a6c686


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。