プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
200704201033352
20070420103335
ここのところ肌寒い日が続いておりましたが、ワタシのビール好きは年中無休。
海外や地方に出かけると、大抵はビールにも顔を突っ込んで仲良くなって帰ります。ワインほど構えずに、1杯だけでも即オイトマできるよな気軽さが好き。もちろんゆっくり飲みたいスロービールもあるけれど、今日の2アイテムは今の季節に選びたい最近出会ってしまったビールたちです♪

①日本の地ビール 軽井沢高原ビールの[生]。この造り手さんの存在は知っていたけど、生が飲めるのは東京でもここだけしかないんだとか。東京ミッドタウンの「ブランジェ浅野屋」さんで教わったこのダークなタイプは、ブラックほど強すぎず、程よい深みがあるので、飽きずに味わいながら飲むのに、ちょうどいい感じのビールです。 グラスも可愛いよねぇ(^.^)

②これは生まれて初めていただいた、アルゼンチンのビール“キルメス”。パッケージのイメージ通り、キリキリっと爽やかで、喉を軽快に横切る風のよう。ワインやシェリーなど、余韻の長いお酒を飲んでいてリフレッシュしたい時にも、このビールは最高に気持ちのいいシャワーになります。アルコールが普通に5度あるというのがウソみたいに軽やかなアフター。行きつけの店で働いている、かつてアルゼンチンで暮らしていた石橋くんが、ハナマサで偶然見つけて来たのだけど、アルゼンチンではみんながこのビールを飲んでいて、これしか見たことなかったそう。でも日本で見たのは逆に初めてだった、と言う訳でオーナーを交えみんなで試飲してみると、何かホンマにめっちゃ爽やか~! まるで石橋くんのキャラクターそのもの(^^) タイプで言うと、ハワイで飲むクアーズや、中国の青島ビール、日本だと沖縄のオリオン・ビールってことになるけれど、どれにも似てない気がします。ビールって、飲む場所や気温、冷え具合い、またはその前後に何を食べたり飲ん
だりしたかで、ずいぶん感じ方が違うものね。 石橋くんはイケメン青年で、アルゼンチンにはサッカー留学していた話しを聞きながら飲んでいたせいか、より爽やかに感じたのかしら♪

これからの季節にもぴったりだと思われるこのタイプ、検証すべく、また近いうちに飲み直してみようっとo(^-^)o

コメント

おぉー、「キルメス」ですね!

先月アルゼンチンを旅行した時に、飲みました。おいしいですよね。すっきり、かつ、淡過ぎない、愛想の良いゴキゲンなビールだと思いました。

ランチタイムのレストランでアルゼンチンビーフを食べながら、偶然隣のテーブルに座った同じく旅行中のコロンビアの家族と話をしながら飲んだビール。
そんな旅の想い出のビールを、東京で野田さんも飲まれたとは!

忘れられないビールになりそうです。

野田さんはやっぱり酒豪ですね

ワインhttp://blog86.fc2.com/image/icon/e/12.gif" alt="" width="14" height="15">にビールhttp://blog86.fc2.com/image/icon/e/65.gif" alt="" width="14" height="15">野田さんの肝臓は鉄製?http://blog86.fc2.com/image/icon/e/257.gif" alt="" width="14" height="15">うらやましいです。私は下戸でアルコールの匂いだけでクラクラhttp://blog86.fc2.com/image/icon/e/778.gif" alt="" width="14" height="15">人生の半分は損してるかも。野田さん、飲みすぎには気をつけてください。野田さんの体は野田さんだけのものではありません。(芸能人だからhttp://blog86.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15">)ファンを元気にさせてくれる大切な人ですからhttp://blog86.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15">

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nodamikiko.blog86.fc2.com/tb.php/45-cd7961ea


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。