プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すみません、すっかりご無沙汰しちゃいました

Twitには浮気しません…なんて言いながらも、私みたいについぞmixiの輪に入れなかったタイプの人間にも、わからないなりに適当に独りよがりに呟くことができるため、ここのところ携帯にて、ちょこちょこと小さく呟きながらお便りをしていました

旅先にパソコンを持ち歩かないこともあり、また写真を1枚だけアップできることもわかり、忙しい時期には知らず知らずのうちにTwitがミニマム&ノルマみたいな感覚になっていたのですね。


大殺界の細木幹子のラストイヤーでもあるので(抜けるまであとちょっとだ!)、エネルギーが限界までトーンダウンしないよう、そんな私に願ってもない緩いルールがTwitとの出逢いだったみたいです

…タイプ違いの友人みたいに、性格にもA面B面があるみたいに、自分の人生のアップダウンみたいに、うまく付き合って行こうと思っていますので、どちらの気まぐれな野田もよろしくお願いいたしますね


そんな私の今のKOKOROに、ちょっといいなって入り込んで来た、縁のあるモノや風景たちを今日はお便りいたしますね




~蜷川有紀さんの個展で見つけた、オリジナルの絵葉書。お便りフェチで大人甘い系が大好きな私にピッタリ!プライベートでも最近またやり取りさせていただいている素敵なお姉様ですが、こちらもプライベート仕様にぜひ持ち歩いて普段使いにしたい、そんな温かな雰囲気の作品ばかりです 母含め、大切な人へのお便りに送るようにしています。



~デルグラッパの志郎くんが作ってくれる、懐かしの「グラス・ホッパー」に最近またハマっていますミントとクリームのバランスがピッタリで、あっという間に飲み干してしまう…ワイン&シャンパーニュ・グラスはかなり集めていますが、俄然マイ・カクテル・グラスがほしくなって来ました…



~大好きな和食屋の「風姿「さんのママが作ってくれた、鮎の軽い風干しとクローズ・エルミタージュ2007。ちょっと冷やし気味にしていただくワインと、香ばしさ際立つほど好い塩加減の鮎が、幸せな幸せなマリアージュになるのでした



~家から歩いて3分のところにある、ミッドタウンの公園。たくさんの樹々や花が咲いているこの場所は、ホントに都会のオアシスなのです。柊に蕗、紅葉がいっぺんに被写体になるアングルも珍しいけど(笑)、あちこちに一人佇んでいられる小さな秘密基地みたいな場所があるので、ゆっくりお散歩することができます。犬を散歩させる人、デザインもののジャングルで戯れる子供たち、サンドイッチを頬張るサラリーマン、日除けしながら読書する女性。池の水際や小川も涼しげな癒し場所です。



~あなたは紫陽花ね



~深夜の神戸で何となく買ってみたチーズもの、「カマンベールチーズ・アイス」は侮れない美味しさ。150円だから大きな期待はしていなかったのですが、飲んで疲れて帰って来たホテルの夜景を見ながら、ゆるゆるピンボケな気分で写メ撮りました ローソンだったけど、東京ではまだ未確認。



~Twitで書きましたが、ここが新神戸のオアシス「布引ハーブ園」から見下ろした風景。遠く海まで見えますが、神戸から1番近い観賞用の海岸ってどこなんでしょ?神戸空港ばかり行ってたけど、昼便がなくなり、浦鮨さんにも行ってないなぁー 神戸に浸れる海岸、調べてみよ。ちなみに、ハーブ園の中にに入らなくても、お土産屋さん&レストラン、そしてこの景色は手に入ります




~あちこちに、こんな風に直に触れて香りを嗅ぐことができるハーブたちが出迎えてくれていまし これらミントチームの香りの違いを感じるのも愉しかった 触っちゃダメって言われると触りたくなるけど、どんどん触って ってOKされると、デリケートに大切に触れたくなるから不思議。神戸生まれの野生味あふれる強い香りたちも、KOKOROに長く余韻をもたらす想い出になりました


~そしてただいま浜松町の貿易センタービルのシーサイドトップにて。お仕事前に、30度の東京の空から皆さんに愛を込めて。素敵な週末をお過ごしくださいね
スポンサーサイト
先日お邪魔した横浜のゴージャスなお宅にて。余りにゴージャス過ぎて、帰りに大切なソムリエナイフを忘れて帰ってしまうほどでした☆

高台に建つ白亜の豪邸…内装は大理石をふんだんに使われているにも関わらず、上品で使い勝手が良く、自然な陽の光の入る居心地も素晴らしく良い空間なのでした。

石垣牛を食べ尽くす会…と言いながら、牛にたどり着く前にこんなにあれこれ前菜を作ってくれたのは、私もお仕事をさせていただいたことのある、敏腕シェフのお料理の数々です(^^)v



~カプレーゼ2種のトマトの味わい。薔薇のカッティングが見えるかな?



~三崎港直送のマグロのカルパッチョ。グリーンはすでに初夏の香り。



~鯛と沖縄イカスミのマリアージュ。これがなかなかビックリイケてます!見えないところにアーサー(あおさ海苔)が泳いでいて、磯の香りたっぷり…気分は一気に石垣へ。

その他にも石垣牛のコロッケや、定番ゴーヤチャンプルー、島もずくの天ぷら、などなどー。

石垣牛は石垣の塩でシンプルに焼いたり、スジ肉部分はブルゴーニュの地方料理のポーチドエッグの赤ワイン煮にジョイントさせたりと、ワインと共に時間はあっという間に過ぎ去りました(^-^)

ビールをチェイサーに、シャサーニュの2007と、サシカイヤの2006、何やらボルドーと。

お仕事なのかお遊びなのかわからない微妙な空気を、ワンちゃんのルイくんが和ませてくれました~♪

地下にはカラオケルームもあるそう…野田幹子もバッチリ3曲入っているらしいので、次回はお泊りセットと一緒にお伺いしたいかも(^^)♪




~蜷川有紀さんの個展を見に、上野松坂屋さんへ。出迎えてくれたのは、テーマにもなっている、全面薔薇のデザインのエレベーター!ゴールデンウイークを華やかに盛り上げてくれました。



~最終日に駆け込みで伺ったので、差し入れは地下のワインショップにて冷え冷えのスパークリングワインを♪終了直後に乾杯していただきたかったのと、有紀さんと初めて逢ったのが今でも鮮やかに蘇る「ドン・ペリニヨン」の恵比寿のレストランでのパーティーだったから。




~最後の写メは昨夜。友人でもあり、ミュージシャンでもあり、同じく飲食店の経営者でもあるBeginの上地等さんのお店で、彼の同級生だと言う古見健二さん【アルバム「ステップ」絶賛発売中~私も買わせていただきました♪】の熱いライヴをめいっぱい楽しみました~!


Canonチームは総勢11名で合いの手入れつつワイワイ参加o(^-^)oただし、二次会のためCanonに移動したあとは、すっかり泡盛にやられてしまい、たいして飲んでいないのに全員がいい酔っ払い(一部悪い酔っ払いになりダウン…f^_^;)に☆

それでもゴールデンウイーク最終日・こどもの日、大人がハメをはずすギリギリまで子供に返って楽しんだ、想い出深い夜となりました♪

P.S.)そして全員が翌朝早くからちゃあんと、しっかりお仕事に出かけてみっちり働く、いい大人に戻っていましたとさ(^^ゞ
お久しぶりです♪皆様いいゴールデンウイークを過ごされてますか?

私は今年は東京に張り付いて、地方ナンバーの車に轢かれないように気をつけながら過ごしていま~す(笑)。

そんなある日、初めてランチに行った「わさ」さん、本当にめちゃくちゃ美味しくて、忘れがたいお味のチャイニーズレストランでした!すでに次いつ行こうかと言う感じ(*^_^*)!お店を予約してくれた食いしん坊仲間のかずえちゃん恐るべし(最近はツイッター仲間でもある)、さすがや~。



~都立大学駅から遊歩道をてくてく10分、お散歩日和で食欲増進♪



~大好きな淡桃色の八重桜を見ながら(*^_^*)



~春の野菜&山菜を香りたっぷりに閉じ込めた春巻き。究極のアジアン・キュイジーヌかも!ビックリするよな技に、俄然点心の注文を増やしてしまいました。小さなライムと塩の添え加減で、そのデリカシー具合がおわかりいただけるハズ。



~くらげのフレンチ・マスタード和え。ただ者ではない和え物?!トマトとパッツンパッツンのグリンピースを口に含んだ瞬間、「スパークリングワインのハーフください♪」の一言を、思わず口走っていました\^o^/



~古白鶏のラー油和え…って、やっぱりただ者ならない和え物なのよっ。だから…皆さんに行ってみていただきたいと思う訳です(^^)そしてただ者ではないくらい、香りと輪郭のはっきりしたパクチー。日本でエキストラ・パクチーを頼まなかったのは久しぶり。



~この水餃子、フォルムが2種に形取られていて、2種の食感が愉しめます。憎い演出。色合いに反して決して濃すぎないお味。



~焼き餃子とてただ者ではないのよ…豚肉がしっかり味わえて、この日初めて肉料理食べてるって感じがして。



~それが次なる「黒酢の酢豚」と共に、さらりとフワリと軽い、さりげないのに完璧なお仕事をしてくれる、シンプル・チャーハンをオーダーしてしまい、本日のフィナーレへ(*^_^*)


うきゃっ、またまたチャーハンの写真がない…☆ちなみに、あと2種の春巻き(海老・肉あんっぽい甘味とろりんちょなやつと…スミマセン、正式名称覚えてませんf^_^;)もオーダーしましたが、ハートランドの生ビールでずっと通せるような爽快な、それでいてアップダウンが愉しめる、まさにチャイニーズ遊園地なのでした。


追伸→特筆すべきは「大根の醤油漬け」をぜひ頼んで!と言うこと。痺れまくりながらの快感が長~く続き、潔く四川にトリップできます(^^)v

あ~次回愉しめる日はいつかなっ?!

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。