プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のフランスは、チーズ関係のスタッフや生徒さんとの、研修&&農業祭&食いしん坊旅です♪こね機会に、私は3/6のCanon再オープンに向け、こちらで出逢ったチーズやパテなど、美味しそうなものたちを日本に連れて帰りますので、ぜひお愉しみに(^^)v


飛行機の中ではいつも寝不足で乗るのに加えて、ついつい飲み過ぎてしまって、最近はヨーロッパ方面の場合、たいてい到着した日の夜は、ディナーにも行けずにダウンしてしまうのだなのです★だってそれもそのはず、行きのANAさん便がエコノミー満席のため、ビジネスクラスにアップグレードしていただいたのです??^o^/ダイヤモンド会員で良かった…(涙)。ついつい浮かれて、「シャンパーニュ、おかわり( ^^)Y☆Y(^^ )」と言いたくなってしまう気持ち、あなたならわかるでしょ♪女性パイロットの生涯をテーマにした新作映画を観ながら、スタートから私は眠れなかったのでした…☆


今回のパリステイは、初めてのパリ=そう、JALさんのCM撮影で泊まったモンパルナス近くの『Holiday Inn』に4 Nuitsの連泊。プライオリティー・クラブ系列のホテルで、日本から事前購入したのですが、300Euroのお部屋がなんと、122Euroちょっとと、かなりお得なステイになりました!またお部屋がかなり使いやすくて、ホテルが高いパリにおいては、素晴らしいコスト・パフォーマンスです! 明日のロワールを始めとした今回の行き先は、どこへ行くにもモンパルナスからが便利だったので、行動範囲の利便性を第一に考えてのホテル選びでした。

明日はそのロワールのへ足を伸ばし、チーズの熟成士さんのアトリエを訪問、50種類のチーズのテイスティングと、世界レベルのプロのセンス溢れる、魅力的なプラトー作りを学びます。

そして、明日の夜こそ元気に、こちらの友人おぐちゃんに逢えますように…(>_<)前回同様、またまたホテルのロビーまで来てもらったのに、ご挨拶もできずに振ってしまいました…こんなに逢いたいのに…ねぇ(>_<)


極寒ではなくなりましたが、パリ滞在中はずっと冴えないお天気みたいですf^_^; 帰国の日は、なんと予報が雪なんだべさ!雪のパリ…初めてでちょっとロマンチックだけど、日本にはないしんしんのした寒さだからなぁー。ホテルに引き返してチーズと冬眠、なんて、以前あっようなことになりませぬようにー。


また寝不足の続き、お便りさせていただきます♪
スポンサーサイト

今からフランスへ、4泊の研修&仕入れ旅〓〓

行ってまいります〓〓
今日はCanon店主・野田からのお知らせです。皆さん、遊びにいらしてくださいねo(^-^)o


桜の開花便りも、今年は早そうな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
お陰様でCanon再オープンの日程がようやく決まりました。3月6日(土)17時より、Canonを再スタートいたします。12年目を迎えるCanonではありますが、初心に返り、心新たに想い出に残るような夜になればと思っております。

今までのリストに加え、新しい切り口にてセレクトしたワイン&ビバレッジのリスト、お気軽にお飲み物に合わせてお召し上がりいただけるフードリストもご用意いたしました。フランスより仕入れて来たばかりのチーズやパテなども、ぜひお楽しみください。

より皆様のそばに置いていただき、可愛がっていただける温かなCanonでありたいと節に願い、努めたいと思いますので、どうぞ今後ともCanonをよろしくお願いいたします。

皆様に再会できることを愉しみお待ちしております。
03-3404-1119 Canon


昨日は「日本の銘チーズ百選」と言うイベントに行って参りましたo(^-^)o

熱く頑張っていらっしゃる造り手さんたちが一同に会した九段下のホテル・グランドパレスには、日本のワインの造り手さんの紹介もありながら、ワイワイ熱気に満ちあふれた賑やかな雰囲気でした♪


?北海道の素晴らしい造り手さん「共働学舎」の宮嶋さんが、モッツァレラ・チーズの造り方をレクチャー♪

?私も久しぶりに、モッツァレラを餅つきのように練り練り成形し、熱いところを引きちぎって「モッツァーレ(゛引きちぎる゛の意味があります)」♪♪

一緒にモッツァーレしているのは、日本リカーさんの貴公子、ワインとポートとシェリーとチーズのエキスパート、馬場祐治さんです(^_-)-☆奥様と娘ちゃんに、パパお手製のモッツァレラチーズは何よりのお土産!いつもチーズはみんなを笑顔にしてくれま?す?^o^/
一泊の慌ただしい旅でしたが、能登を満喫して帰って来ました〓

前回もお邪魔した「幸寿し」さんでは、能登の海の幸満載の宴会〓〓



?寒ブリと鮃でスタート〓 あっあっ脂が乗ってて最高?〓鰤に会いに来たとも言える、今回の輪島旅〓




?これ以上の白子は存在しない!と断言できるほど天下一品のパーフェクト白子〓感動しちゃいました〓血がサラサラになるかも知れない、と勘違いしちゃうくらい〓




?アカニシ貝は、この地方ならではの磯の香も繊細な地物の貝です〓歯ごたえも良く〓




?「鯖のへしこ」なくして、酒席を語れず〓〓塩辛い旨味いっぱいの鯖を、を酢で洗うようにいただく珍味は、ごはんにも合いそう〓




?嬉しいサプライズは、能登牛のタタキ?〓「能登牛って能登半島のどこ放牧してるのかなぁ?」と言う私の素朴な質問に、大将の橋本さんは聞き逃さず、すかさず出して下さったのが、この見事は一皿でした〓〓魚の合間に幸せな肉の香りが味わえて、やっぱり能登っていいとこ〓〓




?このあたりで採れる「絹モズク」で、大好きな粕汁を作っていただきました〓日本酒を飲んだあとにも酒粕の風味と海の香りを優しく感じられるような、飲み飽きない、あっさり仕立てのお椀でした〓〓




?日曜日の朝は夜と打って変わり、この時期の輪島には珍しいくらいの快晴に!魚や漬物、お菓子から漆器まで小さな傘がたくさん並ぶ、ひとはだの温もりいっぱいの市場です〓




?このあたりでは珍しい「紅ズワイガニ」や小さなメバル、ハタハタなどをゲット〓〓〓民宿『深三』の大ちゃんと、漁に出た日だけ市を出すと言うお姉さん二人と記念撮影です〓写真を撮ってくれたのは、映画「能登の花ヨメ」の監督で、親戚の白羽弥仁氏です〓




蟹、結構身が詰まっていて重いの?〓〓





?能登空港までは30分の道乗り。これなら飛行機も問題なく飛んでくれそう〓


?羽田から、私が乗る飛行機が到着しました〓〓〓

本当に能登はいいところ、海も人も優しくて温かい町、名前は有名だけど、まだまだ知られざる場所がいっぱいありそいな、隠れ家みたいな町です〓関西からは電車で2時間半の良い距離だし、東京からなら1時間のフライトだから、あっという間に母のような自然界の懐にTripできちゃいます。そうそう、永井豪さんの記念館もできたし、春?夏に行われるお祭りの季節には、もっぱら男気たっぷり父の顔になるのだとか…〓
次回はぜひその時期に…ね〓


私の人生も日々も、現在山あり海あり谷もあり、だから自然は、優しく強くもあるのだと、教えてくれた旅でした〓〓

能登は輪島から。

能登空港から穴水に向かうと…



~こんなに雪景色だったのが、




~あっという間に晴れやかな空。コロコロ変わる冬の能登。




~中島にあるお蕎麦屋さん『くき』さんにて。




~懐かしい縁側、




~かき天丼&二・八そばのセット、




~風情のある暖炉と古時計、




~七尾の雛飾り、




~駐車場で見つけた、カメラ目線でウルウル瞳の、お留守番ワンコ、




~お店の横には、またまたカメラ目線の凛々しいワンコ、





~七尾北湾の海ー。


~今から久しぶりの『幸寿し』さんで宴会だぁ!
Canonの工事終了の見通しが立って来ましたo(^-^)o
地下店舗特有の、謎の水漏れ…場所の特定が難しい☆と言うこともあり、なかなかに時間がかかっていましたが、工事そのものは今週中にも無事に終了する予定ですそのあと、セラー周りのカーペットを取り替える作業を行い、ようやく一連の作業は完了。

再オープンは3月の第一週になりそうですので、もうしばらくお時間をいただければと思っています




~オマケですが、石垣牛の焼き肉弁当…空弁ですが、味もボリュームもオススメの850円のスグレモノです!那覇空港の地味な場所だから、探してみて…空港職員の皆様も買いに来られていました




~生まれ年の1965のスペインワイン&クリコをマイホームでたまには自分にエールを送ってみる
もちろんこう言う日のグラスは、なお美姉さんの引き出物の素晴らしいグラスと一緒に




~久しぶりに伺った四ツ谷のお鮨屋さん『すし匠』さんで、可愛い過ぎるホタルイカの超チビバージョン!ダブルでもこんなに小さくて、何だか貴婦人が歩いている姿に見えました





~同じく、濃厚で凝縮された蛤のエキスたっぷりのプチ潮汁は、この量でも日本酒一杯飲めそうな旨味のかたまりなのでした


今から能登空港まで、初めてのフライトです

輪島のみんなと、久しぶりに逢えます
~那覇はまたまた晴れたり曇ったり…でもまだ、お天気は安定していません〓

DVC00632.jpg

15時発の便でいよいよ帰ります〓


DVC00633.jpg

~空港の締めは空港食堂〓


DVC00634.jpg


~もずく餃子が日替わりメニューで、ジューシー(沖縄の炊き込みご飯)に換えて、小さなおそばも付いて、650円です〓

ホテルで読む暇がなかった沖縄タイムスと、オリオンビール〓(450円)と、晴れて来た那覇の陽射しと一緒に〓〓

バカンスは終わりが大切なのだと、しみじみ想う私です〓〓

Canonに置きたい沖縄の美味しいものも、しっかりゲットいたしましたよ〓〓〓
今日は沖縄の旧正月です
久しぶりにホテルライフを愉しんでいますが、今日は名護キャンプには行かずに、蓄積疲労をやっつけるべく、アロマテラピーに行って来ました昨夜はマッサージして寝て…フヌケになっています

昨日あれから球場で、いくつかのものを発見しました!

DVC00622.jpg

~シーサーの虎クン、虎クンのシーサー発見


DVC00626.jpg

~入口には、2010年の阪神のメンバー表や、キャンプ攻略ブックがサービスで置かれているのを発見!!タイガースの選手応援歌のチラシを配ってくれる地元のお兄さんもいて、「ベースボール」の写真名鑑を買えば、今年のプロ野球が2倍愉しくなりますo(^-^)o


DVC00623.jpg

~どこかのテレビ局のキャンプ取材でマイク付けて喋っているココリコの遠藤さんを発見普通~にキャンプ見てる人風で、みんなが写メ撮るのにつられて、何故か私もパチリ


DVC00624.jpg

~さ~、こちらが毎年お世話になっている「あじ味」さん六本木猛虎会のメンバーと打ち上げで~す(何の)皆さんキュートでハンサムな心の持ち主ばかりそれが六本木猛虎会の素敵なところです


DVC00630.jpg


~二軒目のお知り合いのお店で飲み切れずに持ち帰った「ニコラ・フィアット」と(まださすがに飲んではいませんが)一緒にお寛ぎ中でーす

そろそろ牧志の公設市場にでもお出かけしようかな

皆さんも良いお休みを…あっ、今日はバレンタインなのね

皆さん、想い出に残るバレンタインを…
やって来ました!宜野座村野球場o(^-^)o日

練習試合とは言え、日ハム戦で幸先いいスタートを切りたいものです

DVC00619.jpg

~新しくお目見えしたトラのオブジェとツーショットこれもある種の初詣願掛け揚げ立てを用意してくれます


DVC00617.jpg

DVC00620.jpg

~おつまみ『トラボール』は、もずく入り沖縄かまぼこ・ジャガ芋入り&カレー風味オリオンビールと仲良しこよし


DVC00616.jpg

~定番トラのビートル


DVC00618.jpg

~定番トラのスクーター


DVC00621.jpg


~ そんな訳で、球場は一回裏終わって、林のタイムリーにより1-0で阪神が勝ってまーす

到着しました(^^ゞ

DVC00610.jpg
DVC00611.jpg
DVC00609.jpg

今日の那覇はやや寒いですお天気は時々小雨風もちょっと強めで、少しだけ飛行機も揺れました

久しぶりに泊まるのは、那覇の港「とまりん」にある、『かりゆしアーバンリゾート・ナハ』海側のリクエストに応えていただき、しかも最上階の15階のお部屋に案内していただきました

しかも改装を昨年終えたとかで、余りに綺麗で素敵に変身していたので、ビックリしてしまいました

エステがあったり、ホテルの冷蔵庫のオリオンの瓶ビールが270円だったり!エライ!!サービスで置かれているさんぴん茶もハイビスカスティーもGOODなセレクションだし、岩塩でろ過した軟水と硬水をブレンドしたティファールに入ったミネラルウォーターがとっても美味実はバスルームの蛇口からすでに、このお水を飲むことができるというかゆいところに手の届いたサービスです
ベッドの寝心地、バスルームのアメニティー、細かく調光できる優しいライティング、壁にはめ込まれたテレビ、各調度品に至るまで、申し分ありません


さ~て、今夜はこれから那覇在住の友人と、オリオンビールで「アリ、乾杯~」です

行って来ます♪

那覇まで行って来ます

ピカチュウ号です

DVC00608.jpg
毎日更新…なかなか今は大変です(笑)。何やらあれこれ忙しいもう少しで、Canon再オープンの日にちがお伝えできると思いますので、今しばらくお時間くださいねo(^-^)o


さて、東京に出て来て初めて住んだ下北沢~三軒茶屋~下馬…以来ずーっと、ホントは世田谷区民でいたい!と言うくらい、世田谷方面大好きみっこだったのですが、この間久しぶりに世田谷ツアーをして来ました

Canonを一旦クローズしてから、何やらワインな日々を過ごしていると言うことは、やっぱり私はワインのことが大好きなんだなぁって、仕事にしてしまったことでクールな眼差しになっていたかと思いきや、親としては(誰のや)安心しました


DVC00523.jpg

~15年以上通っている『タケハ~ナ』さんは、色んな意味で、生活リズムのリセットのタイミングに良く訪れるお店。竹花さんののびやかで斬新なアイディア満載のお料理やワイン選びには、いつも脱帽…オリジナリティあふるるおもてなし精神でいっぱい
自然に素直に100%「お客さん」になれて、やめられない&止まらない大切な場所なのです


DVC00525.jpg

~『定番さばみりん干しサラダ』は私の著書「楽しい!オンナのヒトリメシ」でもご紹介した、変わらぬ美味しさこの日合わせたシチリアのロゼワイン『エトナ・ロゼ』はタケハ~ナのゆる~い温もりそのものみたいなホッとするまろやかな味わい良さを再発見やっぱりうち(Canon)にも、ロゼは常備しようっと


DVC00531.jpg

~『タケハ~ナ』から渋谷方面へ向かうと、このキッチュな出で立ちの『ボラーチョ』があります


DVC00529.jpg

~洋食屋さんタイプの昔ながらのイタリアンカキフライやドリアがあり、皆さん飲むと言うより食べに来てる感じ。懐かしさいっぱいで、久しぶりに立ち寄りましたが、藁づとのキャンティ・ルフィーノの姿はもうなく、ノーマルなボトルになっていたことにちょっぴり寂しさを感じてしまいましたが…


DVC00554.jpg

~さて、場所は六本木へ。Canonと同じ小林ビルの2階には、大好きなフレンチ『ブーケ・ド・フランス』さんがありますが、こちらの定番は、冬のお愉しみ鍋料理の『カスレ』


DVC00555.jpg

~マダムが合わせてくれたのがラングドックのワイン「FAUGERES」の2006もちろん相性はこの上ないくらいにピッタリ!鴨や豚やソーセージに、いい感じで煮くずれた豆や野菜が一体となって、どこから食べても美味しい地方料理です


DVC00567.jpg

そして最近かずえちゃんに予約してもらって初めて訪れたのが、感激フレンチの『アニュ』さん広尾の商店街の一画にあり、私にとってはかなり懐かしい青春の想い出の街…なのでした


DVC00586.jpg

~シャンパーニュを差し出して下さったのは、ソムリエの島本さん以前にいらっしゃったお店以来、アニュさんで偶然の再会をさせていただきましたユニークなで可愛らしいお皿に並んだアミューズをシャンパーニュとともにいただいていると、素晴らしい展開へのチケットをガッチリ手に入れたことを確信しました下野シェフとの見事なコラボレーションに、いつもより酔いが回る回る…またまた写真は遠く記憶の彼方へ


かずえちゃんとのディナーは、いつも幸せにフィナーレを迎えます


DVC00595.jpg

~西麻布に同じ会社で働いていた、日本一ソムリエの阿部ちゃんが開いたお店、『ヤキトリ・エ・ヴァン・プーサン』にて阿部ちゃんがずっと置きたかったと言うメニュー「フォアグラのつくね」のタレの利いた味わいに、日本の勝沼醸造さんの赤ワインとがピッタリまだまだ一度では網羅できないバリエーションのメニューは、また通いたくなるカジュアルでお洒落なお店です阿部さん不在の日は、ソムリエの永田さんたちが気持ちいいサービスをして下さいます


DVC00588.jpg


~久しぶりと言えば、銀座のイタリアンにお出かけしたのは何年振りでしょうー入口からすでにそそられる『タヴェルナ・グスタヴィーノ』ここでも不思議な再会をしましたオーナーでソムリエでもある松川さんの選ぶワインは、本当にどれも素晴らしくて、土曜日のランチタイムをどんどん長く長く…まるで時計のない世界へと誘(いざな)い、騙してくださいます


~この「キャンティ・ルフィーナ・リゼルバ 2004」をいただいた瞬間に、心は一気にイタリア・トスカーナへ 初めてイタリアひとり旅で出逢った、あのキャンティとの懐かしい想い出が香りとともに一瞬にして甦り、感動しら覚えるイタリアらしい素敵な素敵なワインでした…お料理はすべて言わずもがなです
ワイン月間は明日のお昼までで一旦中休みかも…明日から沖縄那覇~名護へ、毎年恒例のプチ旅に出かけます

お天気はイマイチだけど、タイガースの調子が絶好調であれば言うことなし

ワインをお休みしても、オリオンビールと地酒泡盛があればニッコリ
長くなりましたーが。こうして旅先で、Canon再オープンや、人生について、真面目に向き合って考えようとしている、大人の思春期のだなのでした
今日はいいお天気だけど、昨日から風がつよっ~まんまと外に出た途端、みっこは涙が止まらなくなるので、あえなくお誘いはお断りして、今日はお家で読書などしながらひとりランチしてました

DVC00598.jpg
~野菜と魚貝と鷄挽き肉たっぷり、とろ~りあんの皿うどん味噌煮込みうどんが食べた~いと、名古屋のお知り合いとメールで無い物ねだりをしていたのですが、仕方がないので、冷蔵庫のお掃除がてら、心は一気に長崎へトリップウスターソースや黒酢も良く合います


そうそう、先日取材させていただいたIBMと顧客の方のための技術情報交換誌「PROVISION NO.64」ができ上がってきました~

「先進的な技術情報やトピックスを多くの人に読んでいただけるよう、[むずかしい]→[簡単]をモットーに、年4回作られている雑誌」なんだそうて、なぜかその中の『職人の技』と言うコーナーに私を取り上げていただきました

DVC00599.jpg
~表紙も可愛くて、私のページもいつもと少し角度を変えてアプローチして下さっているので、何だか新鮮な気分それでも私には、むずかしいご本に思えてしまうのですが…

なお、webの方にもアップされているので、良かったら皆さんもチェックしてみてくださいね( http://www-06.ibm.com/jp/provision/index.html )
昨日どこかでぶつけたおでこのコブを労りながら、今夜は大人しく眠ります
先週一週間はあれこれ詰め込み過ぎたからか、最近良くケガするのだみきこなので、明日の日曜日こそ休日にいたします

DVC00596.jpg
~シャンパーニュじゃなくて、今日は八寳茶なる素晴らしい中國茶をいただきながら茶葉以外にも、菊の花、枸杞(クコ)の実、棗(なつめ)などなど女子にいいものばかりです

尾崎亜美さんからいただいたティーポットと、中華街で買ったいかにも~なティーカップと

後ろに見えるは、ムッシューからもらった、ヴーヴクリコのデザイン可愛い紙製のライト足元にころがるラブリーな子ですが、真っ暗にして点すと、天井がプラネタリウムみたいな模様を描くの…


今日も世界中の愛に感謝して、いい夢見ながらゆっくり休むのだ…

おやすみなさい
DVC00556.jpg


Canonが一旦お休みしてから、毎日blog更新を誓っていたのだなのだけれど、何ともあっという間に長い1日が終わってしまい、ビックリな一週間でした

ずいぶん昔のように思いますが、まずは1月23日の日曜日のご報告から!生まれて初めてビーチボーイズのライヴに行って来ました!
感激~最高~超ブラボーなライヴでした!

ビーチボーイズのカバーアルバム『ウィンター・カップルズ』をリリースしてから、早何年なんだろう

とにかく早く皆さんに伝えたかったのに、慌ただしいやら忙しいやらで

すっかりオリジナルメンバーも減り、ブルース・ジョンストンとブライアン・ウィルソンだけになっていたけれど、私にとっては充分過ぎるくらい、めちゃくちゃ幸せをもらえたハッピーライヴな夜でした何せ、走り寄って叫んで、ライヴ中にサインまでもらう年甲斐のなさ…(ビルボード東京のスタッフの皆様、ご迷惑をおかけいたしました)

このライヴのお陰で、幸せの充電ができていたから、緊張や疲れで糸が切れることなく、Canon最終日までを乗り切れたのだと思いますo(^-^)o


唯一の後悔は、チャンスがありながらも私のアルバムをプレゼントできなかったことですが、つたない英語のラブレターは駆け寄って、ブライアンに渡すことができましたので、今回は良しといたしましょう

またきっと逢えると信じて、『ウィンター・カップルズ』を次回のチケットだと思いながら、再会を夢見たいと思います

『ドント・ウォーリー・ベイビー』と『ゴッド・オンリー・ノウズ』には本気でシビレました

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。