プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は今から日帰りのお仕事で京都に行って来ます

なぜか飛行機なのです
考え事しながら、空へと上昇する時の「高揚感&昂揚感」と、背中を押したり引いたりされるような抑揚が好き。

プレミアムクラスの空席待ちも1席だけ空き、乗せていただきまーす


ではでは、行ってまいります
スポンサーサイト
秋本番、上海ガニの季節です

年に一度の贅沢を

六本木の中國飯店は、改装されて、より落ち着いた雰囲気に


20091028193626
~やっぱり、上海ガニの老酒漬け&紹興酒は世界の食ベストテンに入る、素晴らしいマリアージュです~お好みも様々、オス派とメス派がいらっしゃるようですが、年々オス派になってる私は、もうメスちゃんはなくてもオスくんだけでいいかも…


20091028193629
~二軒目(あんまり覚えてませんが…)の、ビール充実パブでいただいたのは、中でも珍しいものを、選んでもらった、タヒチとキューバのビールです

…なのに、ちょこっと飲んだら睡魔炸裂「帰る」を連発し、家に着いた途端にバタンキューなみっこでした


20091028193635
~香港のお土産にいただいた、FAUCHONのラブリーなチョコレートさすがの可愛いデザインと、BOXに街の夜景をあしらった、香港オリジナルのレア感が、かなりセンスのいい幸せなお土産です

特に左から2番目の、ビター&ヘーゼルナッツのコンビネーションが美味
当たり前だけど、美味しいチョコって美味しいね


そして…もうすぐみっこは誕生日

年々ピンと来なくなっていますが、もしかして…あと中4日なのー


当日は、地味ながらもCanonにてしっぽりと、やっぱり生まれ年のワインと共に(今年飲むのに相応しいものが見つかれば)みんなでほんわかお祝いしたいものです

11月1日は日曜日なので、いつものようにカウントダウンは難しそう…なのでその分、誕生日当日の11月2日は、皆さんをCanonにてお待ちしていまーす


お時間がある方は、一緒に祝杯をあげていただけたら嬉しいみっこです


詳しくは、Canonホームページを(月末に更新しやす)チェックしてみてくださいね~

ケーキと注射♪

今日は、インフルエンザの予防注射を打って来ましたよ~

新型は追い追い…


20091023165748
~写真は、デビューからお世話になっていた事務所、ヤマハ時代の元スタッフ3名でーす


左側が私の元マネージャーの和泉さんヤマハのツインタワーと言われた片割れですが、私よりも10も年上なのに、あんまりご本人にはその自覚がありません

右側は山ちゃん、この日のスポンサーです私の昔のジャケット写真を見ながら、あの頃は可愛かったなぁ~と遠くを見つめる憎まれ口大好きなお兄さん


そして、真ん中はじゅんちゃん、実はこの日お誕生日だったので、みっこからサプライズのケーキをプレゼント大人味のチーズケーキは爽やかなのにコクがあり、みんなに大好評でした

懐かしい人たちに、また逢えた秋の夜長でございました


心なしか体がダルいのは、注射のせいかしら

皆さんも、インフルエンザだけじゃなく、普通の風邪にも充分気をつけてくださいねっ


追伸、巨人の選手もインフルエンザには気をつけなさいよっっっ
先週、バーシアのライヴに行って来ました

場所は懐しのブルーノート

バーシアは昔の2倍くらいふくよかになっていて、一瞬ア然、青春時代のときめきを取り戻すまでに、しばし時間がかかりましたが…


20091019232951
~ブルーノート当日のバーシア様のお写真笑顔はあの頃のままあっという間に懐しいひと時は過ぎてしまいました


20091019232954
~バーシア・ナイトのためのスペシャルカクテル白いグラスはヨーグルトとココナッツミルクベースの、甘くて酸味が爽やかなアクセントになってる飲み物&シードルだと思われるので微発泡の林檎の香りいっぱいの小さなグラスの中身を、そのまま飲んでも、加えて飲んでも



さて、『えがおの黒酢』の撮影後半編


20091019232956
~生まれて初めての石神井公園朝の光


20091019232959
~こんなに可愛いオープンエアーのレストラン『ロニオンさんに、すっかり浮かれて上機嫌のみっこ』水面もキラキラ


2009101923300120091019233004
~ディレクターさんと、映像のカメラマンさん、お二人が、本職の合間にわざわざblog用の写メを取ってくださったのですまだ撮影は残っていると言うのに…カメラの外側、カメラ機材を入れてのアングルも想い出になりそうな一枚です


20091019233007
~縦バージョン


20091019233009

~撮影終了の頃には、すっかり陽も傾いて…


そう、実は到着した朝、撮影をスタートしようとした途端に判明した機材のトラブルで、朝の石神井公園から一度離れ、急遽赤坂で料理撮影を済ませてから、再度ロニオンさんでの撮影をお願いして、何とか長い一日に撮影を終えることができたのでした本当は開店前の時間帯すら、難しいくらい、忙しいお店なのに

店長さん始め、お店のスタッフの皆様、本当にご協力ありがとうございました
また機会を見つけて、プライベートでお食事に伺いたいと思います


~だから、私と写っているのは全て午後、夕刻が近づいてきた、斜めの陽の光ー。安堵と達成感、そして撮影スタッフの和やかな雰囲気に、KOKOROもキラキラと、自然に笑顔になれたのでした


さてさて、たった今ヤクルトが負けて、中日がクライマックス・シリーズ2ndステージ進出

もし阪神がヤクルトだったら…などと言う、たらればの未練もなく、いよいよ楽天でも応援しながら、勝負の行方を見守りたいと思います

ま、イマイチ腑に落ちなかったクライマックス・シリーズですが、目論み通り、セパ両リーグにスポットが当たって、今の政治=与野党みたいに、全体の見晴らしが良くなるのは良いことですね


ではまた明日


誕生日まで、またせっせと43歳のうちに更新に励みたいと思います



追伸、ワインや美味しいものをいただくグルメ繋がりの会で、度々ご一緒させていただいていた、憧れの大先輩ミュージシャン加藤和彦さんが、突然空へと旅立ってしまいました。本当に驚いてしまいました。いつも緊張してうまくKOKOROを交わせていなかったような気がして、それは私の中で、勝手な心残りではありますが、貴重な人生のホンの一頁をご一緒させていただいただけでも、ご縁があったのだと、その想い出を大切な宝物にしたいと思います。

まだ、こんな私は神様に生かされてる。生きることの意味を探しながら、ぶつかっても迷っても、何か小さなキラキラしたカケラが見つかる度に、大きな苦労の中に小さな幸せを感じて、時折、人生の素晴らしさを感じ、人生を辞めずにいられているのだと想うし、そう信じたい。

カケラはただのガラスや石ころかも知れないけど、自分にとって輝きを放つ存在、出来事であれば良いのだから。

ダイヤモンドを手にしても、KOKOROが麻痺してしまったなら、瞳がかすんでしまったなら、何の意味も持たないのだから。感じるKOKOROをなくさないようにするのは、大人になるほどに難しくなるけれど。


泉谷しげるさんが言っていたように、どんなに加藤さんが生きたくなくなった、とおっしゃっても、私たちにとってはもう、どうやっても私たちのKOKOROの中に生き続けてしてしまうのです。それぞれの胸に、かけがえのない、世界にたったひとつの輝きを永遠に放ちながら。


加藤さん、いえ、大先輩が皆さんそう呼んでいたように、ずっと呼んでみたかった「トノバン」さん、空の上でゆっくりゆっくり休んでください。だけどトノバンさんが眠っているつもりでも、私たちはトノバンさんのことを、忘れることはありませんから。グラスを傾けていたやさしい笑顔もメロディーも、私たちの人生が続く限り、KOKOROから、消えることはないのですから。

そして、トノバンさんを知っている人たちが、全員この地球からいなくなっても、まだまだ。トノバンさんが星の数ほど紡ぎ出した、音楽と言うダイヤモンドは、本物の輝きを放ちながら、トノバンさんのことを知らない代の、たくさんの人たちのKOKOROの中にまで生き続けるのです。


でもやっぱり、どんな言い訳をしてみても、お別れは寂しいです。また明日って言って逢えないのは、寂し過ぎますー。


今夜は、この頁で繋がっていると、せめて勝手に信じさせてください。


おやすみなさい、トノバンさん。ゆっくりゆっくり、休んでくださいね。
20091015095004
20091015095001
20091015094958
20091015094955
20091015094952
20091015094947
20091015094944
20091015094942
20091015094938


3連休最終日は、オンナフタリメシなみっこなのだった

元Canonスタッフの水谷姉さん(ホンマはみんな、姉ちゃんと呼んでいる)と、ゆっくりごはんは久しぶり~

私がかつてワインを学んでいた自由が丘にて、駅は奥沢にほど近いお店『ル・ブイヨン』さんと言う可愛らしいフレンチにてのDINNERです

南仏をイメージする手法やお料理が多く、でも秋らしい旬の食材もバッチリ愉しめる魅力的なメニューの数々。やっぱり欲張り&食いしん坊に私たちは、アラカルトにしよ~うと、ビールによる乾杯の音頭でスタート


~オリーヴとアンチョビの利いた、サクッと美味しいアミューズ・ブーシュ


~酸味爽やか、茄子のキャビア風


~絶品!中までしっかりフォアグラの風味が入り込んだ、レンズ豆のサラダは、酸が全体を引き締めていて、見事なバランスなのです姿は見えないけれど、フォアグラ料理とも言えそう


~細長い自家製のソーセージは、スパイスいっぱい&羊のいい香りいっぱいの赤ワインにピッタリな田舎料理手がこんでいて、その形から愛情もいっぱい感じられて、心は一気に南仏へ旅してしまいました

~こちらは、もうひとつのフォアグラ料理、リッチテイスト版素晴らしい焼き色加減と火の入れ具合のフォアグラのソテーなどんと構えながら、栗と言う優しい甘味の女房とタグを組み、生クリームの風味豊かにどこまでもリッチな方向に秋を栗広げ…繰り広げ(笑)、大人も子供に還ってしまうような愉しささすがシェフのオススメだけありました


~そんなお料理に合わせていたのは、ルイ・ジャドのムルソー2006。言うことなし、のマリアージュに、お休みの夜はゆるゆる緩んで来たぞ…


~そして、あると必ず頼んでしまうお料理「牛肉のタルタルステーキ」を発見!また付け合わせのポテトとの相性もピッタリ

ワインも、サンテステフ村の想い出ワイン「ボー・シット2000」を発見!!久しぶりに、カベルネ&メルローのまろやかな赤の海にたゆたい、自由が丘の夜を満喫したのでしたぁ~


~すでに、私の携帯の待ち受けになってしまった、奥沢の村長さんご近所のモリタヤさんにいるアイドルなので、ぜひお近くの方は逢に行ってくださいね

ワインボトルに入った水槽に住んで、すでに2才だと言うウーパールーパーは、カメラ目線で常に笑顔とっても幸せな気分を運んでくれる、ラッキーオーラ全開の子なのでした
ここモリタヤさんのマダムにも「野田ちゃんも飼わない??」 って言われた時、思わず「うんうん」とお返事しそうになったくらい、秋の冷たい風をピンクに染めてくれそうな気がして…


「ウパ子や、君はそんな切ない人のKOKOROを知っていて、ピンクに生まれて来たの?

それとも、ワインに酔ってるフリをしてるだけなの…??」

どちらにしても、言葉ひとつなく、こんなに優しい気持ちになれて、帰路に就いた私ウパ子に負けじとほっぺがピンクのみっこなのだったのは、言うまでもありません
3連休も終わり、金木犀のいい香りが、秋の訪れを優しく運んでくれています


20091013123350
~先日、NHKでは、秋の味覚『栗』の特集をしていましたちょうど大阪にて「だんだん」 のお芝居中の相田翔子ちゃんが、なぜか早朝6時からのNHKに出演しているではありませんか私も眠い目をこすりながら、[忙しくて大変やな~]と思いながらも面白くて見入ってしまい、前日偶然に、六本木交差点で買った天津甘栗とともに、思わず画面に向かってツーショットしちゃいました(逆光で見えてないし、ちょっとヘン?!)

フライパンでじっくり空炒りした栗は格別で、甘味もふっくらアツアツ具合も抜群この日のおめざは、あったかホクホクの栗坊になったのでした


~そして私が通い始めた『フローラム・オーガニック・エステサロン』がこちら
六本木の芋洗い坂の途中にあり、駅から5分の都会の真ん中にありながら、フランスから直輸入しているオーガニックのアイテムはもちろん、ハーブティーにタオル、ハンドソープに至るまで、体に触れる全てのものがオーガニックなので、いつしか本物の香りとともに、安らぎに満たされ、疲労回復とリラクゼーションの両方に心身をゆだねていることに気付くのでしたはぁ~、幸せ&幸せ

20091013123353
お部屋もウッディ調の落ち着いた雰囲気で、ひとつひとつのアイテムが愛らしく、温かいのです入った瞬間から、とっても落ち着いてしまって、リラックスし過ぎちゃう?!みたいな、まるで我が家のような勢いで一気に着替え(タオル地のチュニック&ボレロがまた可愛いの裸との境目を感じないくらいの着心地のナチュラルさ)、だら~んと寛ぎモードに入ってしまった私…

こんなにもゆっくりと、エステサロンで過ごす時間は久しぶりでしたが、かけがえのない自然からの恵みを体中に受け、浸透させ、細胞が蘇えっていくような感覚に、帰り道の足取りも軽く、家までスイスイ歩いてしまったくらいです


20091013123356
~私のヨレヨレの身体を、ピカピカ&ツヤツヤに蘇らせてくれたのは、エステティシャンの西岡さん私よりずっと小さいのに、その施術はすごく力強くて、愛情たっぷりで、彼女もまさしくオーガニックそのもののような心地好いお人柄なのでした

またすぐに、どうぞよろしくお願いいたしますね


『フローラム・オーガニック・エステサロン』の詳しい情報はホームページ→(www.floram-salon.jp)、

あるいは電話(03-3478-9040)にて、お問い合わせくださいませ


スッピンみっこに偶然逢ったなら、ぜひとも声はかけてくださいね…(私だって気付いたらの話し、ですが)
昨日一昨日と、爽やかな連休でしたね~今日もいいお天気になりそう


10日のゴルフの打ちっぱなしは、22年振りの神宮ゴルフ場へまだあったんだ~って、懐かしさ満点

ビックリしたのは、私よりずっとずっと(ずっとずっと)若~いカップルや、女性が多いこと!ウェアもカラフルで、カタチも様々、まるで渋谷にぶらりとやって来ました~みたいな気軽さで、紳士のスポーツ「ゴルフ」とは掛け離れたイメージなのでした


20091012094646
~こちらの紳士は(笑)、教えることも天才的に上手な、私のゴルフの師匠です
私が最初にソムリエとしてサービスをしていた幻の名店『VERRE BOUTEILLE(ヴェール・ブティーユ)』からのお客様でもあり、フランス語を習っていた時のご学友でもあり、ずいぶんお世話になっている兄貴分なのです

余りに素晴らしいショットが続くので、思わず見とれて盗み撮り

匿名希望で、blog初掲載を快諾していただいたのでした


~いい感触、いい手応えで満足の打ちっぱなしを終え、そのまま赤坂の鮨の名店『斎藤』さんへ師匠とは、ありとあらゆるジャンルの場所でお食事させていただいていますが、とにかくお互いに無類の鮨好きってことだけは言えます

20091012094650
写真は、あまりに可愛くて撮らせていただいた、びーどろの酒器黄色、緑、そして紅と、3色どれも素敵でしたこの子たちを買いに、東北に旅したくなってしまいました


最高の鮨、そしてCanonにて、最高に香り高いシャンボール・ミュジニィーを

旧体育の日の、最高のスポーツ日和&鮨日和に幸せなに乾杯をしたのでした

また近いうちに復習に行かなくっちゃ~ね


そして昨日11日は、本当に久しぶりの休日で、1日を休むために過ごしました

ゆっくり眠ってゆっくり目覚めて…

洗濯をしたあと、オーガニック・エステを予約して…

ボディー&フェイシャルに、3時間たっぷり体と心の疲労回復&リラクゼーションに時間をかけたあと…

本屋さんで旅のガイドブックを入手して、ヘルシーなソンロンタンをちゅるちゅるっといただき、コラーゲン補給したなら…

心も体もかなり修復状態ずっとスッピンのまま1日を過ごすと、顔だけでなく、すべての洗濯ができたような爽やかな開放感


DVDを見ながら、ゆるゆると眠りに就いたのでした


さてさて、今日はあちこちお出かけ…の巻き

お化粧ノリをチェックしつつ、久々に銀座方面に繰り出しま~す

連休最終日、こんなにいい季節は短いから、しみじみありがたく、大切に過ごしたいと思うみっこなのでした


追伸、誕生日まであと20日、あっという間にその日はやって来そうです…
2009101014441520091010144418
今年の阪神の全試合が終了しました。

20091010144420
その記念すべき神宮での負け試合を私は仲間と観戦することができ、来季の勝利を誓った六本木猛虎会メンバー。試合後は飲み足りなさをCanonに持ち帰り、反省会を兼ねたワインな夜は遅くまで続いたのでした。
現実を受け入れ、すでに心は前向きに、2月のキャンプに向かって発進しましたo(^-^)o

だから今日は久しぶりにゴルフの打ちっぱなしだ!

なぜなら、沖縄のキャンプと6月の歌の日コンサートの時くらいしかコースを回らないから、次回までに私も練習開始~なのだ(笑)。

またまた、筋肉痛のご報告、いたしますねー♪♪♪

楽天、ガンバレるんだよ!!!
20091009083343
~部屋から見える、緑と青空のコントラスト

台風一過の澄み切った空は心も洗われるようで、晴れる直前からお洗濯開始(笑)!赤坂で1番の洗濯姉ちゃんになろうと誓い、洗濯機には、何でもかんでもほうり込んで、用意スタートすでに夕刻には爽やか~に乾いてくれていました


20091009083347
~真夜中の料理タイムは大好きな時間ワイン片手にキッチンに立てば、歌うように踊るように、トントン&グツグツ&カチャカチャと、愉しいリズムが生活にも潤いを与えてくれる
宮崎で買って来た干し椎茸=ドンコが食べたくなって、冷蔵庫をゴソゴソして作った煮物鶏の挽き肉と、油揚げ、滋賀の水の駅でゲットした梅干しも入れて、みっこばあちゃん作~、みたいな田舎煮が完成炊き立てごはんがススムくんです


~「えがおの黒酢」のサプリメントのテレビCM撮影の第一弾の日。まずはワインサロンにてチーズの授業での、講師姿からスタート真っ黒のシンプルなパンツスーツで、しゃきっとえがおでお喋りしてみる(この写真はないの)

20091009083349
そして、この3枚の写真は、続いてCanonでのソムリエ・ママ的な、常連さんを囲んでのお仕事風景撮影が終わった後で、お隣りのレストランの斎藤さんに撮ってもらった写真ライヴやパーティー以外では珍しく、美容室にてカチッとしたアップにしてもらったので、こりゃ~写真に残さなきゃと

20091009083351
続いては2人目の男性、Canonにて石本さんに撮ってもらったもの

20091009083353
そして帰宅後は、シャッター・マイセルフこれがなかなか難しいの視線とシャッターのタイミングをはかっていると、妙に手に力が入ってしまったり(苦笑)。


20091009083356
~最後の写真は夕方作った青椒肉絲(チンジャオロース)何てことないほのぼのごはんですが、とろ味の中に牛さん風味たっぷりの旨味で(使ったお肉が偉い)妙に美味しく幸せになれた午後でした


てな訳で、皆さまおはようございます眠ったのは朝4時だから、予定よりもかなり早起きしてしまったけど、今日は大事な阪神戦神宮まで鋭気を養い、Vサインで締めくくれるよう朝から気合いを入れるみっこです
おはようございまぁす

昨日から台風18号に翻弄され、つけっ放しのテレビのニュースの声に、熟睡できないまま目が覚めました赤坂は、青空すら見えて来ましたが、不穏な風が、読めないリズムで吹き荒れています


テレビのチャンネルをあちこちにSwitchしながら、今も状況を見ていますが、TBSのニュースは、まさにご近所さん=赤坂からのリポートなので、正しい情報を得るにはなかなか便利ではあります

そしてCanonは六本木…そう、こちらはテレ朝のニュースでチェック都会に住む、ちょっぴり寂しいメリット、かなと思います

ベランダの籐の椅子たちも、物干し用の金具に引っかけたり、飛ばないよう、昨夜はここに住んで初めて、しっかり防災の準備をしました


今朝は、昨夜遅くに久しぶりにblogを更新したばかりなのにもかかわらず、すでに新しい(懐かしい)お仲間からのコメントもいただいていて、何だか嬉しくなってしまいました(*^_^*)ちゃんとちゃんと、皆さんからのコメントは読ませていただいていますからね


20091008101050
~写真は、北九州空港で、小倉旅の最後に出逢った私の姿=スナフキン幹子のキャラも入った、ムーミン一家の「チーズころん」入っているはずのニョロニョロだけが見当たらず昔「ニョロニョロ」に似ていると言われたことがあるみっこ的には、逢いたかった感の残りました~そうだ、「ミー」にも似ているって言われたことがあるような…それってみっことミー、み繋がりってことだけじゃあ…


20091008101054
~小倉の商店街で、地元の知り合いがオススメと紹介してくれた「えびせん工房・ひっぱりだこ本舗」の海老せんならぬ、蛸せんならぬ、実は烏賊せんです(笑)。甘じょっぱくて、おやつにもツマミにも、後を引くお味~&食感~


さて続いては、9月末のグルメな宴「スッポン&松茸」の、秋先取りの集まりにて

20091008101056
~シンプルに焼いた松茸と名残の鱧を使ったうざくのような酢の物


20091008101058
~でかっ!松茸のフライは、食べごたえバッチリざん、ざん、って言う不可思議な音がする、忘れ難い食感も面白かった


20091008101100
~見よっ、この所狭しと鍋に浮かんだ、松茸の鍋プールをグングンと旨味がたっぷり出て来て、やがてはスープの海へと漕ぎ出すの

こうして、シャンパーニュや日本酒とともに過ごす至福の宴なのですが、すべては終焉&終演の、出汁の出尽くした「雑炊」に向かっているのですところが…。私はCanonのお仕事に戻るため、雑炊は居残った友人に届けてもらうことに

のちにCanonにて、スッポン松茸雑炊とともにいただいた、熟成シャンパーニュこれもまた、大人の秋ならではの、オツな贅沢な時間でありました


20091008101103
~昨日、田崎真也ワインサロン「チーズ初級」の最終回のパーティーにて愛すべき生徒さんと私~ もちろん掲載頂戴済みでちゅチーズ料理、チーズプラトー&ワインがたっぷりと並ぶパーティーは、何度経験しても愉しみな、幸せで温かい時間です

皆さんのお陰で、素晴らしい時間を共有できました
人生の旅人&愉しみ人=スナフキン幹子が何とかガンバレているのも、こんな幸せに出逢える瞬間があるから

ダジャレも満載の漫才授業ではありましたが(笑)、いつかこんなオンナがいたこと、思い出していただけたら嬉しいですすっかりチーズを選ぶ目が自信と愉しみに満ちた皆さんと、また再会できる日を愉しみにしていますね


20091008101105

~お部屋にて、昨夜は台風と睨めっこしながら、女性誌のFAX取材の宿題と戦いつつ、2年前の夏休みにバリ島でゲットしたバリ産の赤ワインと共に「色々チーズのカケラぜんぶのっけトースト」をツマミながら、チビチビと愉しんでいました

バリの赤ワインは空港にて、12米ドルなり。かなり期待以上…でしたよ

チーズは、硬くなったらこうして焼いてみて。トロ~リとまでは行かなくても、頑丈な姿も案外緩んでくれて、味のいいおツマミになりますから


さぁ~て、まだまだ台風と睨めっこだぁ


皆さま、引き続き、気をつけてお過ごしくださいませね

心配な台風~(>_<)

お久しぶりでゴメンなさい!お話ししたいことはたくさんあるのですが、なぜか帰宅すると、夜はおネムでバタンキューな私


そうだ、あの8月のように、目覚めの独り言みたいな日記扱いで、習慣にしてしまえば良いのだ~!とバカボンなみっこは気付いた訳なのだった


先週末は、相田翔子ちゃんからお誘いいただいて、彼女が出演されているお芝居「だんだん」を見に行きましたNHKの朝の連続テレビ小説の劇場版で(私は見たことなかったのですが、噂ではもちろん…)、難しいマナカナちゃんのお母さん役を見事に艶っぽく、強く優しく、そしてはかなく演じていて、あっぱれ~な翔子ちゃん3時間以上の内容も、リズム良く愉しく、泣いたり笑ったりしている間に、終わっていると言う感じでした


20091007222110

~写真は劇場版「だんだん」のパンフレットユーミンを思えばめっちゃ安い1000円(笑)。


20091007222113
~続いて「だんだん」の地方公演スケジュールお近くの方はぜひお出かけしてみてはもう1回見たいくらいのみっこです


20091007222115
そして、日曜日は真鶴まで、かずえちゃんとランチ・プチ旅へこちらも久しぶりの「葵寿し」さんは、昼夜スルーでやっているので、ふらっと訪れても、東京から1時間後には、美味しい地魚がいつでも食べられるのです


20091007222117
~お刺身も全て地のお魚ばかり時計回り上から、鰹→ショウゴ=カンパチ→ハタ→カイワリ=シマアジ→アカデ・ムロアジ。


20091007222120
~握りは、鯵→鮃→ハナダイ→白雲丹。もちろん全て真鶴近くで生まれたお魚ばかりです

写真には撮らなかったけど、コムツ=クロムツ、伊勢海老、鮑、金時ダイ、などなど…捕れないお魚はほとんどないと言う、まさに真鶴は漁場としては最高にいい環境だと言えます


ちょっと都会から離れるだけで、気持ちはすんなりオフモードに衣更えできるから不思議…な真鶴パワー
ご家族で切り盛りされているので、ご兄弟や明るいお母さんと、ずっと色んなお喋りをしながら、帰りは駅までマイカーで送っていただき、ほんわか幸せ気分は帰りの電車の中まで、ずっと続いていました


また季節が冬めいて来たら、フラッと訪れたいなぁ



そんな10月、ただいま私は、ある種人生の節目に来ているのだなぁーと感じています

ま、明日からの台風に比べたら、取るに足らない心配かもしれませんが

考える時間は大切だけど、考える時間の中に心配する時間が増えるような思考は、逆に心配な結果を伴うかも知れないから。好きな人のことを心配するのも自己満足な部分がある訳だし、好きな人には「悪いことは起こらない」って、オプティミストな自分でいた方が、相手もHappyでいられると思いませんか

心配するなと言われても、その人なりの等身大の心配はやっぱりしてしまう訳で…(苦笑)

心配の種(タネ)は尽きない世の中ですが、投げやりにはならず、うまく心配とお付き合いして行きましょうその心配の数だけ、安心する瞬間の幸せを、素直に受け入れられる私になっていたいと思います


心配な台風


台風が安心してやって来られるくらいに、こちらの台風対策もぬかりなく行いましょ


ではでは、我が家のベランダの鉢とテーブル&椅子の様子を見て来ま~す


それぞれの町に住む皆様も、くれぐれも気をつけてくださいね
20091001151035
20091001151032
20091001151030
20091001151028
20091001151026
20091001151020
20091001151018
20091001151016
20091001151013
20091001151011
~小倉駅からさほど遠からず。名店「もり田」に浮足立っての初上陸…のスナフキン幹子♪♪♪


~絶妙なシメ鯖に、


~烏賊と雲丹、蛯子のトッピング。シャリにも蛯子がPetit・Petit・プチリ。


~太刀魚の控えめながらも印象的な握りや、


~語りは要らぬ、蒸し鮑の贅の一貫、


~穴子ホッコリ、見た目よりたおやかに、


~松茸…なのに烏賊のよな、イカした切り絵に愉しい驚き!大人の秋の自由課題の如く。


~名残り鱧は、引き算の握りに魅せおきつつ、その余韻は永く…、


~姫ネギの頃には、すっかりなり切り、お姫様気分(女王様かな?!)。


~薫り豊かな、トロの手巻きを、造り手のその手で渡してくださる大将。


細やかに大胆に、客の悦びや逸る気持ちを的確に捌きながらも、

決して畏れずに向かう、少年のような情熱ー。

他店へも熱心に通われ、鮨へのあくなき恋の成就の為なら、足取り軽やかに追求され続ける大将の士気の貴さが、こちらのお店が一点に留まることなく、蘇生しながら進化し続ける由縁なのだと確信。


もり田の鮨に足りないものはなく、鮨に加えるものもなく、ただひたすらに"様子がいい"。のだもの。

格好、良すぎます(笑)。


この度の「もり田」さんへの旅は、一方的な浮かれた恋に翻弄されっ放しな幹子だったけど。次回はより親密に、嫉妬心も寳(たから)かに、大将と鮨とのアツアツっぷりに、横恋慕は無理でも、横入りくらいしてみたい、みっこなのでした♪


小倉の熱いハートの皆さんに、想いを馳せて…「お世話になった皆さん、ありがとう〓〓〓」。

今夜もまた六本木で、次の旅を魚のように夢見る、スナフキン幹子なのでした(*^_^*)

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。