プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エディション・コウジ・シモムラ」のシェフヂカラは素晴らしい~ランチタイムにも関わらず、夜並みの贅沢を、オンナフタリメシにて堪能して来ました

一緒に行ったお相手の友人はかれこれ8年くらいのお付き合いになるあっちゃん私より8つも若いのに、ナゼか私が頼りたくなるほどしっかり者で、裏表のないところがさっぱりしていて、でも優しくて温かい大好きなヒト、そしてあらゆる美味しいものを、何より愛でながら一緒に愉しんで食べつくれるところも素晴らしい、違いのわかる女の子なのです

シモムラさんのお店には、最初かずえちゃんと一緒に行ったのですが(やはりオンナフタリランチ…)、あれよあれよと2つ星を獲得され、ランチにおいては違いのわかる女の子で埋め尽くされている状態。男の子にもぜひ、行っていただきたいたいものですもちろんオトコヒトリもフタリもですよ~カップルメシ、でね

20090129104543
・雲丹とビーツ、そこに青海苔をアクセントに散らした冷たい前菜。下にはマスカルポーネに海の潮の薫りを利かせたものを忍ばせ、海の中の小さな宝箱みたい久しぶりにお年玉でウニを買おうかしらと、みっこは子供時代に回帰してしまうような(わかる人にはわかる)、自然界の足し算がお見事でした

20090129104546
・まるでデセールみたいなブーダン・ノワール(豚の血を使ったソーセージ)は、すでにスタンダードな原型は留めておらず、おめかししたひと皿リンゴのピュレに、シードルをはっきりきかせ、全体を爽やかにまとめていました後半により期待が高まる素晴らしい前菜パートでした…美味美味

20090129104548
「・鮟鱇とフォアグラのソテー、セップ茸を使ったクリームソース仕立て…何とも寒い季節にぴったりな、濃厚でまろやかなひと皿シャンパーニュに合わせていたので、最後までお口の中はフレッシュ感を保ちながら、上品な余韻に酔いしれていましたー。だからまたもや、シャンパーニュの写真がありませぬ(笑)。

20090129104551
・今回の目玉はこれ!オススメのジビエの中に聞いたことのない名前が…。「鴨の一種なのですが、滋賀県産の『キンクロハジロ』と言う小さな鳥がいまして…。」なぬっ?!滋賀県産の食材の素晴らしさ、豊富さには一目置いている私としては、ぜひとも試してみたく、あっちゃんに相談したところ、「私も!みっこさんとおんなじ」と、即決

酔いも手伝って、なかなか覚えられなかった名前ですが、金と黒と羽は白と唱えてやっとこさ☆レバーや血のようにこっくりとした濃密な味わいは、鳩が一番好きなんです、と言うあっちゃんも納得のワイルドさ小さいながらも迫力のジビエ・ワールド満開大変食べごたえのあるお皿の中にはパーツごとに深みある陰影が感じられ、そのめくるめく表情は、滋賀の山奥にひとっ飛びしたような感覚でした

~このお皿に合わせていただいたのは、2004年のルロワのシャトー・ヌフ・デュ・パープこの素晴らしいワインを、ソムリエの山田さんがセレクトしてくれたお陰で、お料理は2倍にも3倍にも魅力を放ち、言葉もいらない満足感に長く長く感じることができたのでしたー

20090129104553
・莓はとちおとめ細かく刻んだパセリの帽子をちょこんと乗せて、パセリの水際に遊ぶ妖精みたいにラブリー

20090129104555
・ショコラのムースはねっとりと左を守り、さらさらのパウダースノーの如く右側に遊戯ぶのは、こう見えて揺るぎないインパクトを与える、ショコラのアイスなのですこんなふたりは理想の大人カップルだよねー

20090129104557
・最後まで新鮮な気持ちでサーヴされるアバンデセールそしていつものように私は、この段階でふわふわと白昼夢の中を舞い、すでにコメントができないくらい、非日常と言う2つ星レストランの海を、最高に幸せな気分で漂っているのでした

女の子2人は、この日ちょっぴり落ち込んでいたのだけれど、きっと周りのゲストにはそれに気づかれないくらい、いい時間を身に纏わせていただきました

また出かけよう、元気がない時にこそ。それが本当に素晴らしい休息の場所=レストラン、なのだから
KOKOROにもたっぷり栄養をもらった私たちは、笑顔で再会の約束をし、晴れた六本木の街で別れたのでした


皆さま、お待たせいたしました!
『第10回 香音な夜会』のご案内状が出来上がりました。

只今、お申し込み受付中


香音な夜会のご案内はこちら(PDFファイル)

携帯の方はこちらへ
スポンサーサイト
ライヴの準備でバタバタ…こんなにブログちゃんにご無沙汰してしまうなんて、今までなかったよね~みんなにも自分にもゴメンなさい


でも、何か「これ!」って言うきっかけがないと、そう、上手に報告できるような出来事がないと、大変な日常の大変な愚痴しか出てこないような気がして、区切りがつくまで逢わない恋人みたいに、想いがたくさんあるからこそ、しばらくジッとガマンのおしん(ふるっ☆)なみっこで黙秘を続けていたのでしたー。


昨日は久しぶりに愉しかった久しぶりにおしんちゃんにも、甘くてちょっぴり上等なお菓子のご褒美を少しだけ口にすることができたような、そんな夜になりました

そのお菓子の中身は、まだ秘密なのだけれど…


20090122103935

写真は、こないだの休みに作ってひとりおうちごはんした時の、牛頬肉の赤ワイン煮プレーンなバゲットよりも、少し酸味と滋味のあるパン・ド・カンパーニュの方がグッと合いますバターライスにちょっとだけ黒胡椒をかけて、ワインに合わせていただくのも○
お水を全く入れずに、赤ワインだけで煮込んで、バター&最後に生クリーム少々を加えたら、極めつけは、尖った酸の味わいを整えるために、微量の栗の蜂蜜を隠し味にして…で、完成
たっぷりワインを使うので、煮る時に使った赤ワインを飲むために残すのは至難の技だけど、そのワインとお料理をマリアージュさせるのが、最も正しい合わせ方ですワインをたくさん飲みたい方は、同じワインをもう一本用意しておく必要がありますね美味しい食卓って、シンプルなことだけど、自分ひとりだからって手を抜くと、自分への一匙の愛情がないと、寂しいひとりごはんになってしまうものです


本日ちょっぴり二日酔い気味のみっこは、しばらく自分を労りながら(笑)、カノンまでの時間を有効に過ごすとしましょう…

2009012210393820090122103940
あとの2枚のマイ・フェイスは、これまた忙しくてなかなか行けなかった美容室に行った日の夜の写真です

前髪が七五三状態だけど、染めてない、私の地のままの色の真っ黒黒髪(それでもヘアスタイリストさん曰く、真っ黒ではなく、茶が勝手いるらしい)が、ピュアな気持ちになれてみっこはお気に入り


髪型全景を撮るのは難しいな~と思いましたが、とりあえずは元気な姿、ご報告です、マル

来てね、来てね、香音な魔界…じゃなくて、夜会

七五三に負けないくらいピュアなKOKOROで、皆さんをお待ちしております

皆さま、お待たせいたしました!
『第10回 香音な夜会』のご案内状が出来上がりました。

只今、お申し込み受付中


香音な夜会のご案内はこちら(PDFファイル)

携帯の方はこちらへ

皆さま、お待たせいたしました!ようやく『第10回 香音な夜会』のご案内状が出来上がりました。今日からお申し込み開始となります。

香音な夜会のご案内はこちら(PDFファイル)

携帯の方はこちらへ

ワインバー・カノンも10才になり、早くも11年目。また、私が音楽でデビューして、早くも3月で22周年になります。

時代はバブル全盛期~このような世の中へと目まぐるしく移り行きますが、こんな時代だからこそ、変わらない懐かしい歌に救われたり、1杯の優しいワインにホッと癒されたりすることがあります。そんな瞬間が何よりも大切で、どんな時にも、人生を豊かに、逆境をも愉しみに変えてゆける、人だけが持つ前向きな知恵・チカラなのだとしみじみ思うのです。【香音=ワイン&音楽を、夜会=ゆっくり愉しんでいただけるような大人の遊び場】では、この日のために田崎真也がセレクトしたワインとともに、仲間のミュージシャンたちとのライヴにて、色んな色の音楽を奏でます。

もしかしたら、ワインと音楽に1番救われているのは私自身かもしれません。22年のあいだに出逢えた、大切な大切な友人や先輩、お客様や生徒さん、そしてデビューの頃からずっと支えてくださっているファンの方々。すべての方々に、温かな笑顔が灯るような、そんな夜になりますようー。
シンガーソング・ソムリエ野田から、心からのご案内状です。

休日のひととき、ぜひ皆さまにお逢いできることを愉しみにお待ちしております。      ♪野田幹子♪

♪野田幹子ライヴ~第10回香音(CANON)な夜会 ~のご案内

○日時:2009/3/8()
開場5:00pm/ 開演6:00pm
○場所:STB139 スイートベイジル 東京都港区六本木6-7-11
○会費:¥10,000(税込、ワイン・ライヴ代込み) (当日ご用意させて頂いている飲み物以外は、おいしいと評判のSTB139のフード&ドリンクのメニューを別途料金にてお楽しみいただけます。尚、お席はフリー着席制となります)

☆『香音な夜会』申込方法
1.銀行振込
①会費(ご参加人数×\10,000)の金額を下記の口座にお振込みください。
振込先/UFJ東京三菱銀行 世田谷支店 普通 1215186 香音事務局 野田幹子
②2月25日(水)まで下記の☆☆☆参加票☆☆☆にご記入の上、FAXまたはE-mail にてお申し込みください。
申込先/FAX専用 03-3588-8035 / E-mail canon-10th-live@cure.ocn.ne.jp
③振込み確認をもって受付完了とさせていただきます。

2.現金購入
ワインバーカノンにて直接販売も行っております。(現金のみの受付となります)

*必ずお振込み後、FAXまたはE-mailをいただけますようお願い致します。
*一旦お振込みいただいた会費は、返金致しかねます。どうぞご了承ください。

尚、このライヴのお問い合わせは、STB139ではなくワインバーカノンまでTELあるいはE-maiにてご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。
CANON TEL 03-3404-1119 / E-mail canon-10th-live@cure.ocn.ne.jp
(E-maiタイトルはお手数ですが、「香音な夜会 問い合わせ」でお願いします)           

☆☆☆参加票☆☆☆

香音な夜会に
ご出席 または ご欠席

○お名前(代表者)○貴社名○ご住所○ご連絡先(電話)○(メールアドレス)○(FAX)
○ご参加人数○お振込合計金額○お振込日          

★STB139へのアクセス
営団地下鉄日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3番出口より徒歩約2分(六本木交差点アマンドの角を麻布十番方面へ芋洗い坂を約50m下った右手)
お正月最後お休みは、お天気のいい横浜の海と青空を見ながら…の週末でした

今朝もいいお天気ですねー。昨夜は朝方まで眠れなかったのに、朝の光に起こされて、何だか早起きしちゃいました

そしてそんな私は、今日からいよいよ本格的に、ライヴの準備のスタートです

今まで応援してくださっている方にも、この10年で出逢った方どんな方にも、今回の『香音な夜会』にはいらしていただきたいと、切に願う私ー。たくさんの想いが詰まった、私の中ではひとつの節目になるライヴでもありますし、色んな方々がこの場所でふれ合い、温かい気持ちになっていただけるような時間になれば、何も言うことはありません…それが今の私の想いのすべてです。

詳細&お申し込み方法は、今週末にもお伝えできる予定ですしばしお待ちくださいね


20090106093635
・この日の「みっこの眠る場所」は、突然当日になって予約した、横浜のインターコンチネンタル・ホテルこのタイプの、シックでモダンなダブルルームは初めてでしたが、使い勝手が良く、居心地も良くて、ホテルライフにはもってこいの落ち着き空間でした

20090106093638
・チェックアウトしたあと、余りにお天気が良くて澄んだ綺麗な空だったので、もう少し余韻を愉しんでから帰ることに。2階のカフェテリアは抜群の風景もご馳走ぷかり桟橋からは、ひっきりなしに横浜駅行きのシーバスが行き交うのが見えました

…テーブルの上にある、澄んだ黄金色のビールが写っていなくて良かったぁ(笑)。
皆さま、明けましておめでとうございます(ございました)新年早々旅していたスナフキンみっこですが、今年は日本旅からスタートしました


思えば昨年の元旦、上海に旅してから、何と1年間で62回も旅していた私ー。仕事旅がうまくリンクしてくれたため、お陰様で年末の関西旅をラストに、ANAさんのダイヤモンド会員になることができましたパチパチパチ

ただ、今年は詰め込みガチガチ慌ただし旅ではなく、そんなゆとりを愉しむような、インテリ旅に切り替えようかなと少なくとも、神戸空港にお鮨だけ食べに行くだけ旅とか、ソウルにアカ擦りだけしに行くだけ旅(実はアカ擦りってしたことないんだけど)とか言う、生き急ぐ旅は止めにして…(笑)。


それにしてもこの年末年始は、日本海側や北海道はダイヤの乱れで新幹線が遅延したり、雪で飛行機が欠航になるなど、スキー場にとってはホッとする冬らしい冬になったとは言え、せっかくお正月くらいは帰省旅でゆっくり…と思っていた方にはホントにお気の毒
お天気は良くなくても、世の中も冷たい風吹くムードでも、そんな時こそ心には太陽&心からのあったか笑顔で、新年を明るい気持ちで始めましょ、そんな想いでスタートしたみっこだったのでした


2008~2009年にかけては、想い出に残るワインや泡で、たくさんの人と乾杯もしましたよ

20090104073349
・中でも久しぶりに横浜の飲み仲間とワイワイいただいた1982のシャンパーニュ「DEUTZ」は、横浜の夜にぴったりの、幸せな飲み物でした

2009010407335220090104073355
・年越し蕎麦は、神谷町の愛宕神社内にある、うちの傘下の和食のお店「T」にて、ボス田崎さんたちと、明日葉を練り込んだお蕎麦で2008年のエピローグを久しぶりに除夜の鐘を聞きながら、家までいい気分で帰りましたそうそう、紅白歌合戦を見たのも、何年振りだったでしょう予想通り、今年は視聴率が回復したとかみんな今こそ日本人のKOKOROを再確認しよう、忘れていた歩く速度を思い出そうとしているような気がしませんかそんな私もその1人なのかも。

20090104073357
・こちら二段重ねの豪華なお弁当は、仲良しのお鮨屋さん「たつ」さんにワガママ言って作っていただいた、スペシャル・お節のお重一の重?には、鮨屋さんなのに、ナゼか煮豚まで手作り…しかも柚子こしょうまで添えて秀ちゃん&スタッフの皆さん、ホントにありがとねこの他、煮海老に玉子焼き、若竹煮に煮ホタテ、ねっとり旨~いカラスミまで愛情たっぷり『ひとはだお重』に、いたく感激したみっこだったのでした

20090104073359
・二の重??には、鰤大根に鰤の味噌漬け、マグロの煮たのに、煮玉子、わさび風味の明太子お正月33ヶ日の旅には、最高のご馳走間違いなし旅先でご当地オツマミを買いながら歩けば、旅もお正月も2倍盛り上がること間違いなし
ちなみに、ご当地神社の初詣もオススメです見たことのない旅先の風景の中、新しい風を感じて、どこからか神聖な気持ちが芽生え、溢れ出すような気がするからこの2大セットはかなりオススメですので、どうぞお試しあれ

ちなみにもうプラスα上級者は、シャンパーニュとワイングラスも持ち出すべし私はG.H.マムと、マイ・テイスティング・グラスも一緒旅ソムリエナイフは機内に持ち込めないので要注意ね逆に海外と違って、万が一ワインを飲まなくても手荷物として機内持ち込みできますから、割れる心配はなし、と言う日本旅。この小さな苦労が飲む時にはまたそこから2倍幸せを運んでくれます

20090104073402
・そして最後は、旅もリセット・モード…地元大阪のたこ焼き&ビールで乾杯や~


…てな訳で、明日5日からまた始まるお仕事と、いよいよ…の香音な夜会ライヴ!!


昨年の虎のリベンジ共々、「やるしかありません

のだの当面の抱負は、3月8日に全エネルギーを注ぐことなのだ皆さんの愛のチカラ、貸してくださいね

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。