プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜、無事にカノン年忘れライヴが終了しましたカノンはまだ明日29日までやっていますが、私の中ではやや燃え尽きた感じ(笑)。ギター&一五一会(BEGINプロデュースの可愛い弦楽器)は、昨年コットンクラブでバンマスを務めてくれたアタルくん私たちの息もますますピッタリカバー曲とオリジナル曲とを、半々くらいで歌い、KRUGなんか飲みながら、今歌いたいたい歌を、アットホームな雰囲気の中でお届けしたのでしたそして思ったことー。本当に私は幸せ者だなと…今年は色々とアップダウンがあっただけに、しみじみそう想いながら、愛するカノンで大好きなお客様に囲まれ、温かな夜を終えたのでした

明日はカノン最終日、その余韻をゆっくり愉しみながら、この1年&10年をスタッフ共々振り返りたいと思います

あらら、歌っている写真を撮っていませんでした…お客様より添付してMAILもらおうと思いますので、お楽しみに

20081228173229
写真は、今日見た海からの風景です来年もたくさんの旅とたくさんの出逢い、たくさんの喜びに包まれますようにー

年内にできることは、年内にやっちゃおうね~
スポンサーサイト

瞳を見つめて。

皆さんにとって、どんなChristmasでしたか?

Christmas当日の25日の昼間、私は今日のカノン年忘れライヴのリハーサルをしていましたリハーサルをやらせていただいている、BEGINの上地くんちには、きゃわいい素敵な暖炉があって、薪に火をくべながら、玉ねぎを焼いたり、蜜のしっかり入った奄美大島のお芋を焼いたり、銀杏を炒めたりしてもらいながら、なんと、リハーサルのあとにクリコのロゼ・シャンパーニュなどを開けていただきつつ、決してラブラブではないながらも、暖か~い幸せ~な気分でChristmasを過ごしていたのでした
オトコ2人+ニューハーフ…いえいえ、みっこの3人ででも…今年のChristmasは手放しで喜べない人も多いのでは…。


そう、それは24日から駆けめぐっているニュース…Christmas Eveに、飯島愛さんがお亡くなりになったと言う訃報。私ならずとも、お知り合いならずとも、誰もがショックを受けるような、悲しい悲しいニュースでした。

時々、なぜ知らない人なのに、こんなに悲しかったり考えられないくらいに落ち込んでしまうような出来事があるのだろう…と思うことがあります。もしかしたら、必要以上に勝手にショックを受けているのでは…などと錯覚してしまうような、そんな状況だったりするのです。それは、普段意識していない自分の奥深いところにある潜在意識をいきなり引っ張り出されるような、忘れていた幼児体験を思い出すような、触れられたような、何とも言えない感覚なのです。

同世代と言うには、まだまだ若い愛さんですが、短い間にたくさんのことを悟ってしまったのかー。「死んでしまったら、どうしようもない。やり直しもきかないし、泣いたり笑ったりすることもできない。二度と愛する誰かに出逢うこともできないー。」そう、賢い愛さんは、きっとそんなこと、誰よりわかっていたはずだからー。ただ、死んでしまったら何もできないとは言え、ご本人の笑顔や声色、話したこと、書いたこと、やってきたこと、その生き様すべてが、音楽のような余韻や波紋となって、私たちの勝手な思い入れによって、鳴り止まない胸騒ぎのようにさざ波立ち続ける言うことだけー。


私みたいな寂しさを、人生の刹那を感じた人、特に女性なのかな、決して少なくないと思います。愛さんが、逢ったことのない私のような者にも、広く愛されていたと言う事実だけが、こんなカタチで浮き彫りになるなんて、「愛」って何なのだろうと…そんな想いだけが、波のように繰り返すのでした。

今年のChristmasは、今までにはないChristmasでしたし、きっと忘れることはないと思います。

愛さんが残して逝った、大きな疑問符を解くには、人生は短すぎるかもしれないけれど、「今、あなたは幸せかどうか?」と尋ねられたら、「幸せ」なのだと、しっかり問いかけられた相手の瞳を見て、答えられると、そうではないといけないのだと、それに気付かせてくれた愛さんでした。


今日は年忘れライヴ。年忘れのもう1つの意味は、忘れないように出来事を振り返り、来年より良くなろうと人が鑑みる日なのだと、改めて気付かされたのでした。

歌うことくらいしかできないけれど、KOKOROを込めて、歌いたいと思います。
昨日は大掃除日和でしたねークリスマスはお仕事とリハーサルなので、昨夜だけはゆっくりお食事を愉しむために、朝から着々と雑用をこなしてました

カーテンの洗濯、いらないものを整理して捨てて…窓ガラス拭き、床拭き、お風呂掃除に、大掃除の定番換気扇のクリーニング!このうち最初のふたつはガンバりましたが、年末までまだまだでも、数年前に出逢った、素晴らしく万能な洗剤があるから、お掃除もスイスイ&ラクラク気分でやっつけられちゃうみっこです気持ち良~く27日の年忘れライヴを迎えたい…ですからね

カノンの大掃除も石本さんがピカピカに頑張ってくれています


今日からは、1年分のいただいたお名刺整理と、来年の香音な夜会のお便り&MAIL発送の準備、いよいよ

そして明日、25日のクリスマス当日は、昼間は年忘れライヴのリハーサルだから、今日は歌詩などの準備もしなくては…と、枚挙に暇がありませぬ


でもすべては大好きなことや大好きな人たちのために、続けて行くための積み重ね…しみじみありがたいことです

皆さん、3月8日の『香音な夜会 Vol.10』には、何が何でも絶対の絶対にいらしてくださいね

明るいニュースが少ないのなら、乗り切るだけの明るい光の射すような夜を、今こそ歌と一緒に手作りしなくっちゃ、明るいニュースが少なければ、明るいニュースが届けられるように…今年は特にそう想うのです

皆さんはどんなイヴをお過ごしですか

サンタさんと一緒に過ごせないなら、アナタが、誰かのためにサンタになって過ごす…時にそんなクリスマスも悪くありません


皆さんの下に、優しい微笑みのような、温かなクリスマスが舞い降りますように

『メリー・クリスマス、愛を込めて
日曜日やっていないはずの「喜作」さんに行けて良かったー!年末だけ開けていることがあるそうで、もちろんダメ元で電話をかけたら、やっているではあ~りませんか私が到着すると、こちらのオリジナル=南大東島の空弁「南大東寿司」が沖縄で1位になったとテレビでやっていたよと、ほぼ同時に友人からMAILが入り、カウンターではその話しやら何やらで相変わらずの賑わい。知らない人も常連さんも、すぐに仲良くなってしまうのがうちなースタイルです♪

「さちじょう」のパパとは日曜日らしく、ゆったりお喋りしながら飲み始めたのが夜9時……なぁんて那覇空港のラウンジで書いていたら、いきなり二日酔いが襲って来たため終了飛行機で倒れそうな悪い予感を振り切り、おとなしくしていました「羽田空港上空は強い横風を受けることが予想され…」みたいな長い長い長いアナウンスを聴いていたら、ますます冷や汗が出そうなみっこでしたが、何とか着陸まで大事には至らず、先ほど晴れた羽田の空を見ながら、自宅に帰って参りました

そうだ…、昨夜はあれからさちじょうパパと、隣にもう1軒飲みに行き、締めはブラッディ・マリーだったのだ…あれが効いたのかもバンドもやりながらひとりでバーを切り盛りしているという、私と同じ年のマスターがいて、なかなかお洒落な雰囲気の店内は、お隣ながらさちじょうさんとはまた別世界次回から、立ち寄るお店が1軒増えてしまった感じです


20081222160513
・喜作さんのカウンターにて、今回初のオリオンビールでお魚越しに乾杯

20081222160516
・南の島ならではのお刺身を、お醤油にこーれーぐーすー(泡盛に島唐辛子を漬けたもの)を入れて食べるのが、超楽しみな私勘八、島マグロ、シャコ貝に夜光貝、ミーバイ、マグロの腹までもちろん泡盛ロックを片手にまた乾杯

20081222160518
・できたてホヤホヤの自家製ジーマミー(ピーナッツ)豆腐と、島らっきょうお通しに出していただいた、お砂糖入りのターンム(田芋)は、粘っこくて素朴な優しい甘味がなぜか後引く美味しさでした

20081222160521
・南大東島は空弁も美味しいけど、やっぱり本家本元で握り立てをいただくのが1番一般的には鰆をヅケにしますが、昨夜は鰆と鮪、島マグロの両方を握りにしてくださいましたねとっと旨~いそして後からガリをお口にプラスαすると、2度美味しさを楽しむことができます

20081222160523
・こちらはさちじょうさんの小上がりにて、パパと向かい合わせで座り、再度オリオンで乾~杯島らっきょう再び私がプレゼントした「ブラベ」を解説付きで聴きながら、不思議な気分で那覇の夜は更けてゆきました

20081222160525
・私にとって沖縄滞在の締めのひと皿は、ママの作ってくれるナーベラ・チャンプルー(ヘチマ炒め)味噌が甘くて、スパムと豚肉の旨味が島豆腐に染み込んで、何とも言えない懐かしいお味泡盛にも合うし、後半はこーれーぐーすーをかけてまろやかな刺激を楽しめば、食後のデザートみたいな気分になり、お腹も満たされ、いよいよ島ムードな緩~い睡魔が襲って来るのでした…

次回は2月、タイガースのキャンプ&ゴルフ&宴会のみんな旅で伺えるかな

それまでに、たくさんのことを乗り切って、精一杯チカラと知恵を出し切って、人生を愉しみながらステップアップできますように

まずは27日のライヴカノン10周年の締め括りとして、KOKOROを込めて歌います
あ~ん、緩む・弛む・ユルム温度と湿度だぁ~機内で飲んだシャンパーニュはほんのり体を温めて、眠気と共に安心感のあるお休みムードを運んで来てくれています。今年6度目の沖縄県滞在夜は久しぶりに泡盛ナイトでゆるゆるになること間違いなしお天気は全国的に見ても、沖縄だけ晴れマークでしたが、ちょっぴり曇りが早まって。でもこれ幸いとしましょう沖縄に来ると、師走ぶってたみっこ時計もいきなりリセットされた感じで、日々無理やり刻んでいたリズムが、いきなりアロマテラピーを受けているようなメトロノームなア・テンポに変わるから不思議…

なぁんて書いていたら、またまたそのままベッドに沈み込んでいましたこの旅は短くて。慌てて着替えてホテル10階のバーにて、仕切り直しのアペリティフ「シャンパーニュに、生のシークワーサーをギュッと絞り入れてもらえますか?」ふむふむ、我ながらなかなかイケてるじゃない?!のソムリエみっこですがら、実はこれ、疲れ気味の時によくやる裏技しかも金曜日行ったランチの「ブーケ・ド・フランス」さんの原田マダムの受け売りで(こちらはゆずを絞ったものでしたが)沖縄らしく夜をスタートさせ、いい気分になってます。こちら、沖縄ハーバービューホテルのバー「スターライト」のバーテンダーさんも、かのルイ・ロデレールを前にちょっぴり訝しげでしたが、何とも満足な私です

今夜の行き先は2ヶ所。酔っぱらいみっこになってしまったら、明日に持ち越しですが、お魚の美味しい割烹「喜作」さん→馴染みの居酒屋「さちじょう」さんのパパ&ママに逢いに行くこと。これだけ。明日は朝8時の便でまた、羽田に帰ります

特割でゲットしたチケットに、5000円プラスして座ったプレミアムシートは、大好きな真ん前特等席の、お一人様仕様の1A席。ひとり時間が研ぎ澄まされる、最高の、まさにプレミアムシートです

さぁて、今から泡盛泡盛もうひとりのスナフキンみっこが、いよいよ那覇の夜に滑り出します

20081221191513
・ハッピーフライトに登場した飛行機も、こんな2階席のある大型でした。今日のエスコートは、こちらのボーイング747-400。かなり揺れました~

20081221191515
・横顔

20081221191518
・みっこの眠る場所。今回は、ツインルームのシングル仕様でした

20081221191520
・シークワーサー・シャンパーニュソムリエみっこのオススメです
20081220124842
そうそう、カノン10周年にいただいた、北海道からの素敵なプレゼントは、なぁ~んと牡蠣とホタテ貝の山盛りクール便幸せーな、お腹も心も目も喜ぶ、都会に住む海好き&魚好きにはたまらない贈り物でした生で充分幸せだった牡蠣ですが、ホタテは少しだけお料理も…お隣のデル・グラッパさんのダリオくんにお願いして、3種類のお味でいただきました
・レモンバター
・ケッパーオリーブ
・ジェノヴェーゼ

う~ん、ホタテくんはとってもしなやかに、その個性をお味と言うお洋服を着こなし、私たちにまあるい幸せを運んでくれました

北海道はワインも造っているけれど、やっぱりこのお礼はワインかなぁー


逢いに行って一緒に乾杯するのも愉しいだろうし、ちょっと考えてみるね、お兄ちゃん
カノンの元スタッフ、山ちゃんがとうとう昨日オープンしました

そう、念願の中国料理屋さんのオーナーシェフとして、神楽坂近くの18席のお店を妹の山妹(やまいも)ちゃんの家庭的なサービスと共に、スタートさせたのです

山ちゃんはカノンに来る前から、女性では珍しく、喜八さんのチャイニーズのシェフとして働き、そのあと四川料理の老舗「趙楊」さんで技を極め、カノンにてワインに合うチャイニーズを考案&ワインも学びながら、ソムリエ資格も取得、多くの山ちゃんファンが、開店を待ち望んでいたのでした

自分のお店のことを思い出すと、やっぱり今でも開店初日にいらして下さいったお客様のことを思い出しますいても立ってもいられず、やはり初日に駆けつけてしまいましたが、相変わらずの美味しさとに、夢がかなった山ちゃんの輝いた笑顔を見ながら、しばし幸せなランチタイムを堪能させていただきましたよー
これからまだまだ色んなことがあると思いますが、自分の選んだ道だから、何にも代えがたい喜びもまたひとしおだと思いますー。姉妹仲良く、そんな優しさがお料理に反映されるようなアットホームな山ちゃんワールドにますます磨きをかけながら、築いてくれることは間違いないと思っています

それが証拠に、前回いただいた時のお料理よりもグッと優しく安定した、しみじみ美味しい…と言わしめる完成したお料理になったように感じた私だったのでしたこうなると、美味しさは武器ではなく、ブランケットのような温もりになりますまた訪れたくなる、逢いたくなる恋人のように、1杯の愛情や家庭的な雰囲気は、使い古された表現ながら、何よりも大切な隠し味なのだと実感

次回はランチではなく、ゆったり楽しめるディナーにお邪魔したいと思っています

20081219180505
・鶏肉の山椒ソース
20081219180508
・烏賊と肝の紹興酒風味
20081219180514
・鶏のトウチ炒め
20081219180516
・山ちゃん18番の四川風麻麻婆豆腐
20081219180518
・山ちゃん姉妹とみっこ
20081219180521
・「梅香」(メイシャン)がその店名。女性的で華やかで上品ないいネーミングですまさしく香音繋がり…でちょっと嬉しい私

ぜひ皆さん、噂が噂を呼ぶ前に、お出かけくださいねご予約は…03ー3260ー2658です
昨日はショックな出来事がありました…国際フォーラムでのジョアン・ジルベルトのコンサートが、再度中止になってしまったのです。

海外に行く時には、事前に日本でその国のレストランを探して出かけたり、自分のライヴが近づいて来たら、どんどん色んなアーティストのライヴを観て触発されるように呼吸を整えていく私。ボサノバの神様=ジョアン・ジルベルトと、真摯な気持ちで向き合いたくて、もう最後の来日になるかも知れないと、前回観て来たというミュージシャン仲間に薦められて、かなりいそいそ出かけたのですが…。

11月1日と2日に予定していた公演にも、やはり体調不良でジョアンは来日できず、今回は振替コンサートだったから、このショックは2倍大きいものになりましたー。もちろん3度目の正直を夢見る私ですが、『イパネマの娘』を昔から10大フェイバリット・ソングの1曲にしたいくらい大好きな、センセーショナルな影響を受けたアーティストですから、本当に今回は観たかった。今の私に必要なエネルギーとなるライヴだと感じていたので、結局1人きりで向き合ってみようと出かけたのでした。

どうか健康を取り戻して、その素晴らしい音楽とともに、また日本にいらしていただきたいと願うばかりです。


人生の意地悪なアップダウンに出逢う度、出遭う度、いつも詩や歌、唄や謡うことに助けてもらいました。また、「うた」を創ることに救われて、何とか乗り切ることができた場面も多々ありました。そんな私にとっての「太陽・神様・少年」の存在の1人である光に、翳りが射してしまうと、何とも切なくて、いたたまれない気持ちにもなるけれど…だからこそ。永遠の存在である「うた」と共に連れ添い助け合い、伴走(伴奏)しながら、まさに二人三脚で歩んで行くことに、音楽をやっている人間にとって、人生の意味があるのだと予感します。その存在は家族であるかも知れないし、他人であるかも知れない、愛犬なのかも知れないし、時には「うた」であることもあるでしょうー。1番大切なことは、自分以外の誰かや、何かに愛を持てること。幸せかどうかを問える対象があり、その人なりの愛のカタチを、見えないものだからこそより、澱みなきよう崇めていく努力をすること、なのでしょう。

最後にたどり着く場所にはきっと、その人にしか創り出せない美しいメロディーが、きっと流れているはずー。

あーん、ちょっぴりしんみりしちゃいました今回ジョアンが教えてくれたことー。歌がそばにあり、歌えることだけでも幸せなことなのだと、改めて気づかせてくれたのです。

失うことはとても辛いことだけれど、失ってみて初めて、どれほどそれが大切でかけがえのない存在なのかを識ることができたから。

まだ見ぬジョアンの背中は、それだけでも、私に大きなことを教えてくれた、やはり神様のような人でした。尊敬の念と愛をこめて、ありがとうと言いたい私です。

20081215124040
追伸、写真は赤坂サカスのイルミネーション。左手奥では、中島みゆきさんの元祖『夜会』のため、多くの人が行列を作っていました。1人で受けるには、風の冷たい夕刻でしたが、その場所だけ紅く、みゆきさんカラーのパワーでみなぎっているようにも見え、帰り道の足取りが少し軽く暖かくなったように感じた私でした。
いよいよ冬本番…今年の『カノン年忘れライヴ』が12月27日に決まりました

オープンは18時からとさせていただき、演奏は19時~(18~20時半で一旦2回目のお客様と入れ替え制です)、続いて21時半~(20時半~23時まで。そののち通常営業)の2回です

ミュージック・チャージは4000円です。今年も私をバックアップしてくれるのは、昨年コットンクラブにてバンマスを務めてくれた、迎里中(むかえさとあたる)くんこの1年を皆さんと振り返りながら、またこの10年をも振り返りつつ、アットホームな夜にしたいと思っています

16名様ずつの小さな宴ですので、空席状況をご確認の上、お早めのご予約をお待ちしています
20081211121726
20081211121723
20081211121721
20081211121719
20081211121716
20081211121714
20081211121711

またま「たつ」さんにて、真夜中のお魚教室。

こんなに素晴らしいお魚を用意して下さいましたご覧の通り、立派な鯵と鯖であります

でも写真を撮る人も、撮られる人も、それを見に来た人も、3人ともこんな感じの酔っぱらい状態包丁を握れない訳ではありませんが、またまた秀ちゃんたちスタッフにはご迷惑な生徒ながらも、何だか妙に楽しい酔いの宵のムードで…(これで良いのみたいな)まともにピンが合ってる写真が全くないので、皆さまどうかご勘弁ください
先週、ようやく公開中の『Happy Flight』を観に、六本木ヒルズまで出かけてきましたちょうど街は、クリスマス・シーズンへと着飾り始め、早めに訪れた陽の入りと相まって、ヒルズが初めて素敵な場所に思え見えました(笑)。

20081209153446
・ひときわ目立った最初のツリーは、パッと目を惹くホワイトモザイクで近代的なのに、温かみのある優しい白でした

20081209153449
・映画館を出ると、東京タワーとけやき坂のイルミネーションが入るフォト・スポットがあり(実は喫煙所なのだけれど)、気付いた人はみんな夢中でカシャカシャやってましたね

20081209153452
・ニューオータニ大阪の吹き抜けになっているラウンジ開放感があって、柔らかな照明は、どんな音楽でも似合いそう…近いうちに、ここ地元大阪で、来年半ばあたりに歌える日がやって来るかもしれません東京からカノン・ツアーでも組みましょうかふたつ目のツリーには、たくさんのスワロフスキーが散りばめられ、さりげなくもゴージャス大人のツリーでした

20081209153454
・いつもの伊丹空港には、ANAさんらしい青いイメージのツリーがこれがみっこ目…みっつ目さしずめブルー・クリスマスと言ったところですね伊丹空港は、レストランやショップなど、より快適で人気のある空間へと、リニューアルされる日が待たれますが、空港大好きなスナフキン幹子だからこそ、切にそう想うのです神戸空港も、関空も、新しいだけではなくそれぞれに魅力的ですし、伊丹はビジネス・ラインが主流だけど、実はご家族連れも多いし、そんなニーズにも応えられるのは、元々外国みたいに個々のオリジナリティを受け入れる懐の深さがある大阪だからこそ!きっとユニークな発想と実用性に富んだ、唯一無二の空港に変身できる可能性があると思うねん…などと勝手なことを言って夢見ている私もまた、伊丹空港のそば、豊中市で生まれた、生粋の大阪人なのでした

今回の出逢いと旅で、大阪ライヴ、俄然やりたくなっちゃいましたね

20081209153456
・ちょっとマニアックなアングルですが、あまりに空とのコントラストが綺麗で、シンプルながらも好きな写真が撮れましたスタッフの方が「お客様と一緒に撮りましょうか?」と親切に声をかけてくださったのですが、ここに私が一緒に写り込んだ写真って撮ることができるのだろうか…。超逆光なのに加え、おそらく飛行機はすべて隠れてしまうはず…この大っきなみっこでね(笑)。

20081209153458
・そしてもとい、『Happy Flight』のパンフレット。大阪から帰るラウンジの中で読み切り、カーペットに広げて撮っちゃいましたかなり気が利いて、久しぶりに内容充実のパンフレットに遭遇したと思いましたこれは、見開いて表裏の両表紙を撮った状態小さなドアが開いたり、2枚構造になっている機体をめくると、それぞれのお客様が空の旅を愉しんでいる様子が描かれていて、とっても可愛いのめくったところは観てのお楽しみストーリーに関しては、ひとつひとつのお仕事の内容をきっちり描くと同時に、ひとりひとりの個性も丁寧に描かれた、愉快で真面目なヒューマン・エンターテイメント飛行機が得意じゃない人も、飛行機に乗るのが好きになっちゃうような、幸せになれる作品です音楽も監督のこだわりも含め、このパンフレットを読んだら、もう一度観に行きたくなりましたシネマ・ヒルズのビール&塩バター・ポップコーンがまた美味しいの(笑)。搭乗券の控え×2枚で、ポップコーンと交換してくれるみたいだから、バックの中を探ってみようっと

20081209153501
・最後の写真は、羽田空港~浜松町に戻って来た時に出迎えてくれた、東京タワーのお姿1番近くて綺麗なツリーは、今年エンヤが灯火にやって来たことでニュースになっていた、ミッドタウンのツリーこんなに近くにあるのに、まだ実物を見ていないので、クリスマスのイルミネーションが消えないうちに、カノンまで通り抜けてみようっと

長くなっちゃったー!

次回はまたすぐに、ね
皆さんの愛にいっぱい支えられた、カノン10周年週間でしたすっかりご報告が遅くなってしまいましたが、許してくださいね

カウントダウンは意外に落ち着いた、カノンらしい夜になりましたあんまりお店の10周年で、わざわざカウントダウンなんて、普通やらないもんね(笑)。でもワインもお友達のひとりだと考えるソムリエみっこは、隙あらば幸せな乾杯をしたいと思っているので、誕生日的な発想で行けば、このカウントダウンも大いにあり、でしょ

20081207124238
・お客様に開けていただいた、ニコラ・フィアットのプレステージュ・シャンパーニュ『パルム・ドール 1997』は、思えば私がソムリエ資格を取った年ー。そして私が冬のカノンのイメージで皆さんに振る舞いワインをしたのは、ワインセラーでバッチリ瞳が合った運命の人(笑)、ジョセフ・ペリエのやはりプレステージュ・シャンパーニュ『』

20081207124241
・こちらはカノンの身内チーム以前カノンのお料理とソムリエを担当していた山ちゃん(向かって左)と、山ちゃんの妹の山いもちゃん(向かって右だけど、そっくり~)そして私の思うダンディズムの権化、落合先生は、いつもカノンの励みでもあり、鏡でもあり…だからここまで来られたと言うお客様のひとりです今回はご了解を得ての初登場です

20081207124243
・そして、私の愛すべきカノンのパートナー石本さんいつもありがとう&そしてまた、新しい1年のスタートから、よろしくお願いいたします

200812071242452008120712424820081207124250
・皆さんからいただいた、たくさんのお花の愛たち…みんなみんなカノンらしいから不思議です
2008120712425320081207124256


20081207124258
・この折り紙は、私の小さなお友達の杏香ちゃんが、私に作ってくれたハートのモチーフと、絵とお便りのセットどうして私がハート好きだって知ってるのかと思いきや、杏香ちゃんのマイブームがハートだからなんだって家中がこのハートだらけなんだそう(笑)。

20081207124300
・10周年当日、ボス田崎さんがナイフ入刀しているのは、1年9ヵ月の熟成を経て、ようやく食べられることになりました、秋田の生ハム!農家の放牧豚をカノンスタッフが現地まで出向いて仕込んだ来てくれたもので、長い間カノンのカウンターにて自然熟成をさせたのですが、見事に成功甘味と塩味のバランスがとれた、日本らしい優しい旨味たっぷりの生ハムです今月はこの生ハムと、27日の『カノン恒例年忘れライヴ』がとどめです

詳細は次回に乞うご期待

今から伊丹行きの飛行機に乗ります大阪でのお仕事の打ち合わせにいって参りまーす
12月22日発売の男性月刊誌『GQ』に登場いたします30代の素敵な男性には要チェックしていただきたい、女性をもてなすためのお酒&マナー教室みたいになってます

不定期に登場いたしますので、ぜひとも続けてチェックお願いいたしますね
今月号の『月刊タイガース』に私野田が登場しています!嶋尾さんとの対談ページで、校正もしていませんが、どうやらすでに発売になっているようです
…と、ご紹介者の六本木猛虎会会長の山本さんより、MAILをいただいちゃいました

憧れの月刊タイガース!!憧れの対談ページ!!!

皆さん、チェックしてね
私も、チェックしなくっちゃ
いよいよ今日は、カノンの10才のお誕生日ですよくここまで歩いて来たなぁ…しみじみ(笑)。

あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、傷付け傷付きながらも大きな事故はなく、本当に世界一!と思えるお客様に支えられて、その笑顔を見たくて逢いたくて、一緒に乾杯したくって、たくさんのお互い様の悩みを分かち合いたくって…どうにかこの日を迎えることができたのです


カウントダウンまで、あと7時間半を切りました…
真夜中には美酒に酔って、まともに写真も撮れないかも知れないので、フライングで皆様に「この10年、こんなカノンと野田を可愛がってくださり、どうもありがとうございますこれからも歩き続ける限り、カノンと野田と、そして私のかけがえのない音楽と、生意気な私がやることなすことを、これからも温かい眼差しで見守っていてくださいませ不器用でそこつ者の私ですが、KOKOROだけは誰にも負けないくらい、精一杯こめさせていただきます


3月8日の『香音な夜会』での10周年に加え、12月27日には、カノンでの年忘れライヴも決まりました

明日以降、またご案内MAILをさせていただきますが、ゆっくりまったり、1年を振り返りながら歌いますので、どうぞ遊びにいらしてくださいね


今日は、大好きあなたへ10年分の想いを込めて…このKOKOROをリアルタイムで贈ります

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。