プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっぴりご無沙汰してしまいましたね。師走ならぬ、まだ11月だと言うのに、ワインや音楽のことって、何だか秋冬コレクションのよう…、この時期立て込むスケジューリングー。そこに来て、カノンは10周年と来ました

まずは、12月1~2日にかけてのカウントダウンに始まり、6日(土)は大人な感じでパーティーを、そして、27日はまだ確定はしていないのですが、年末恒例カノン年忘れライヴの予定ー。そして年越ししたら、あっという間に『香音な夜会』の準備が始まります

朝方5時に眠り、ただいまベッドで微睡みながら、9時くらいから、また始まる新しい1日をシミュレーションしつつ、唯一静かでホッとするひと時を大切に過ごしています

色んなご報告が、この週末できるよう、今日1日を乗り切って、充実金曜日を全うしたいと思います

皆さんも元気にお仕事、行ってらっしゃいませ…ね

20081128124810
・写真は季節の上海蟹dinner 横浜編(1~3)。オスとメスとを比較テイスティングするのが愉しみですが、こちらは完全にオスに軍配が

20081128124812
・合わせるお酒は、もちろん紹興酒。古越龍山の10年を。常温にて美味しくいただきました

20081128124815
・こちらのお店では、3種の紹興酒の試飲セットもあり♪


20081128124817
・だけど、やはり上海蟹と言えば、この老酒漬けがないと始まらない!『中国飯店』さんはやっぱり安心のクオリティとサービス見よ、このねっとりとした魅惑の上海蟹の出で立ちを…こちらの顔はうっとり
20081128124819
・上海蟹の卵入り、フカヒレのスープこれも美味しいけど、プレーンなフカヒレの煮込みも絶品

20081128124821
・そしてオススメのオスメス比較コーナー左手オレンジ色が締まった卵がびっしり入ったメスちゃんで、右手イエローカラーがねと~っと旨いオスちゃんのお姿断然オスに軍配が上がったのは、言わずもがなのこの季節紹興酒がススム&ススム~

20081128124824
・もちろんほぐした身も足のすべても、しっかりいただきますほぐしていただけるのが、ホントにありがたいお店だ…隣に居座るのは、毒消し用の生姜湯です

20081128124826
・その他、定番黒酢の酢豚&ご飯で〆めますが
20081128124828
・ちょっぴり浮気して、大好きな鳩のミンチのレタス包みも…こちらも素晴らしい呑みスケ料理です
20081128124831
・旬のお野菜料理からもエントリーマコモ筍と豆苗のあっさり炒めは、シンプルだからこそ香り楽しい大人のひと品

…と言う訳で、次回もまた、色んなお喋りにお付き合いくださいね
スポンサーサイト

生まれ月に想う。

誕生日のある誕生月は大好きな季節。昔は夏が苦手で(正しくは湿度の高い日本の夏が体質的に全くダメで、具合が悪くなり、倒れそうになることが多かった…)、逆にスキーが大好きで、いつも冬を楽しみに待っていた私は(正しくは、そのスキーで大好きな男の子に逢えるのが楽しみだった)、セーターやコートやストーブが必要になる11月の微妙で曖昧な雰囲気がとてもいとおしくて、とても好きだったのです。もちろん今も、11月生まれ…と聞くだけでえこひいきしてしまうくらい、とても大切にしている季節の変わり目だったりします。

誕生日、ヌーボー、そして、12月2日はもうひとりの私=Canonの10才の誕生日。1~2日にかけてはまた、カノンにてカノンの誕生日をお祝いします何だか娘の成長を想うような気分で、あっという間でもあり、色んな出来事があったなぁ…と、しみじみ時間をかけないと、想い出を振り返る、そんな霜月。

来年の香音な夜会まで、きっとあっという間に駆け抜けるのでしょうねー。

節目の10年。こっそり色んなことをリセットしたり、じっくり思考しながら、次なる10年を想い始めています後悔だけはしないように…ね


20081122175813
・写真は、10年前の誕生日に麻美ちゃんと2人して2泊した、横浜のインターコンチネンタル・ホテルのお部屋。カノンのオープン前で、新しい世界に飛び込む不安に駈られながら、落ち着かない私を励ましてくれたんだよね。今年の誕生日は、10年を受け止めながら、10年振りに、ひとりで過ごしたのでした。

20081122175816
・このアングルにも慣れたものです

20081122175818
・当時、麻美ちゃんが誕生日の私のために、バーのピアニストにリクエストしてくれた「Happy Birthday」の弾き語り。最初「誰か誕生日なの…?」と、麻美ちゃんの粋な計らいにも気づかず、ビックリするやら感激するやらで、思わず涙あふれたのでしたー。あの時のピアニストの彼は、時を経て、またこのホテルのバーに戻って来られたのだそうです。背中に面影が…


そう、10年。私も麻美ちゃんのような粋なことが、さりげなくできるくらいに、少しは成長しているのかな

12月1日~2日にかけての、カノン・10周年カウントダウンは、どんな風にどんな人たちと過ごすのでしょう。まだまだ未来は夢の中。愛する人たちに囲まれて、健康で笑っていられる、それだけで充分に幸せだと想える私なのでした。
ヌーボー・カウント・ダウンは今年もワイワイ盛り上がりましたよー♪いつもよりニュースなどの取り上げられ方が少なく、やや地味に感じたのは、このご時世と、実際にヌーボーそのものの生産量がかなり今年は少なく、比較的ワインの生産にとっては難しい天候の年だったからかとただヌーボーは、日本での消費量が輸出第一位なので、その日本で盛り上がらなければ、やっぱり寂しいですよねぇ(わずかながらも円高効果もあるわけですし…)

本来ワインの未来を占う、ベイビー・ワインなのですから、どんな年であれ、パワフルな健康優良児であれそうでなかれ、子供の未来に希望を託して、誕生を祝い愛でる…それがヌーボーの良さなんだから、ね

ワインを愛する人ほどヌーボーを愉しむ術を知っているし、スマートに乾杯してるそして例えば、ワインの業者さんとて、自宅でお小遣いでヌーボーを買って、好きな相手とプライベートで飲むのを愉しみにされています

20081122082427
・写真はカノンにて、時報を聞きながらの乾杯の瞬間このあと、世界一ソムリエ・田崎真也さんによるヌーボーの解説3分勝負(これが本当に毎年勉強になるわけです)

20081122082430
・カノンでお馴染みのヌーボー3種3社より入荷。それぞれ個性が違っていて、3姉妹みたいで、ブラボーな飲み物でした比べると、その違いは歴然です


まだまだヌーボー気分は今月いっぱい続きます皆さんもご自身のキャラに合った、オリジナリティーあふれるヌーボーを、個性的に愉しんでくださいね
12月4日に「手みやげは極旨ワイン ベストワイン&シャンパン 124」文春文庫(著者・柳忠之さん)

が出版されますこの本は、月刊誌クレアの取材記事をまとめた文庫本で、美味しく愉しくワインを選べる、わかりやすい内容になっています

ぜひチェックしてみてくださいね
何だか慌ただしく過ごしていますただいまカノンにて…気付けば、今日はヌーボーのカウント・ダウンなのですよ!まさしく嵐の前の静けさ

石本さんと打ち合わせしつつお喋りしていたら、ヌーボーに合わせたメニューを作ってくれました
20081119124413
北海道から届いたじゃがいも「北あかり」、ワイン豚のベーコンと数種のナチュラルチーズを使って、こんがりとろ~りオーブン焼き上げた『ヌーボー・グラタン 2008』は、ワインがどんどん進んでしまう、ヌーボーと大の仲良しのグラタンです

今年はどんなカウント・ダウンになるのでしょうー。
こんな時代だからこそ、季節の流れを敏感に感じて、自然の豊かさや力に感謝して、希薄になりつつある人間関係に温かさや優しさを感じて…、自分中心の強がり目線な視界から、遠くに世界を広げて。生まれたての愛らしいヌーボーのお味とともに、思わずみんなで笑顔になってしまいましょう

今からワクワク、愉しみなのだ(^^)/\(^^)
20081114104048
チーズ初級の食いしん坊仲間=生徒さんが、私の誕生日を祝ってくれましたチーズケーキがまた美味しかったのよ~&ワインサロンからは、クレマン・ド・ブルゴーニュのロゼも出していただき、感謝感激のプチ・パーティー

このチーム、しばらくは食いしん坊&食運つながりで仲良く愉しくやって行けそーう

愛ある皆さん、ありがとうねー

1週間のBusy Days☆

色んなことがあった1週間でした。慌ただしい中にも、様々なことを様々な角度からゆっくり考えることができた、まるで秋の頭脳体育祭みたいな(笑)。

そしてもう一方で、スタッフやお客様、友人たちの、あったかい気持ちに支えられながら、まるでいくつもの徒競走を色んな人たちと二人三脚していたような、愛情文化祭みたいな、そんな日々でもありました(笑)。

週末は、そんなイベントの疲れを癒しに、ご近所さんのお店を回りながら、温かいお料理に癒されてました…ありがたいことです(~_~)

20081111175210
・たつさんでは、南紀白浜で揚がったクエを、あったか鍋仕立てにしていただき!得も言えぬ、細やかな旨い脂と身の味わいが、じんわり&まったり。やっぱりクエは鍋が究極かなぁ。

~日曜日は浅草のママのお店へフラフラっと。最近の願掛けには、何でもかんでも湯島天神に行ってるのだけど(ただの神頼みではなく、それこそ倫理や思想に訴えて悩み、それでも神にちょっぴりすがりたくなることもある人の弱さー。そんな状況でも、学問の神様=湯島天神なら、何かちょっとだけは考えながら出向いてる…っぽいでしょ?(笑))、ある願掛けをしたあと、そのまま一気に浅草まで車を飛ばし、やっぱりママに逢いに行ってしまったのでした。

先週はとにかくバタバタで、1週間で12時間くらいしか寝られないランナーズハイみたいな状態が続き、家にいてもずっと心拍数が上がったまま興奮しているワンコのようで(笑)。ゆっくり眠る予定だった日曜日は、結局2時間くらいで目が醒めてしまい、遠足に行く子供みたいに起きてしまったもので(苦笑)。無理に眠るよりも、潔く出かけてから、夜早く寝れば良いのだぁ~(^.^)と思い立ち、赤坂~代々木上原~湯島神社~浅草~羽田空港(モノ想いに耽る土日にぴったんこ(^^)d)、こんなルートで過ごした久しぶりの東京日曜日でした。

20081111175214
・浅草「二丁目」のママの作ってくれるひじきは、一緒に煮る油揚げに深い味があって、飲んべえにも美味し~いの!パクパク&パクパク。そして、大根とウズラ玉子の入ったバクダン、昆布のおでんで、みるみる体はホカホカになってしまいました♪

~他にも、栃木の「まさし」の餃子をパリパリに、中身を耳たぶをむっちりさせたような絶妙な塩梅で焼いてくれたり、定番の甘辛玉子焼きをおっきく作ってもらったり、鰯や鮭を焼いたものに、大根おろしをたっぷり添えてもらい、野菜不足を解消できて嬉し~い、とはしゃいでみたり…♪

20081111175216
・こちら3枚目の写真は、岩手県のほんのり甘味のある赤ワインに、烏賊を炙ったものを、紅白で写してみました(*^^*)相性はあまり良くないけどね(笑)。ただこのワイン、中甘口と言ってもとても葡萄酒らしくって、快適な美味しいワインでしたよ!日本人がホッとする、自然の優しい甘味が嬉しいのです。ひじきや、玉子焼き、まさしの餃子くらいまで楽々網羅してくれました。

200811111752182008111117522020081111175223
・浅草の帰り道、都営浅草線までぶらりお散歩(^^)♪建物の名前なんていいじゃないっ(よくわからないだけなのだ)、綺麗と感じる心地良い風景を、素直に喜べる瞬間、その瞬間を自然に切り取りたくなるのが人の感性なのだから。そしてそんな感覚にも似た、日本人の忘れがちになっている郷愁めいた、そんな風景に見えては来ないでしょうかー。ちょっぴり外国からの旅行者が撮った写真…みたいな、ね。

20081111175225
・最後の写真は昨日月曜日、これまた出来立てホヤホヤの、ボン・ムッシュー作「アンディーブのクリームグラタン」をいただいて、元気と温もりをもらってからお仕事へ。アツアツでクリーミーな濃厚なソースは、これまた寒くなって来た夕刻に、ぬくぬくした幸せを運んでくれる、頼れるパパみたいなお味でした(^-^)v

とりあえずKOKOROのご報告。次回は誌面への掲載情報をふたつ、お知らせしますね♪♪♪
六本木まで、用事をすませに出た帰り道、ミッドタウンの公園で、小さい秋を見つけました
2008110714122720081107141230

バタバタしていてすっかりご無沙汰ですが、私は元気です

皆さんはどんな秋を見つけてますか?

明日またゆっくりお便りしますね
20081103184320
私の43回目のBirthdayはカノンにてー。大好きなお客様とスタッフに囲まれ、アットホームに迎えた1~2日にかけての週末は、最高に幸せな日々でした

20081103184308
最初に、お客様に開けていただいたクリスタルで乾杯

20081103184311
何と鮨屋さんのたつの秀ちゃんからは、三陸の生牡蠣のケーキの差し入れが!クリスタルにピッタリの、至福のアペリティフからスタートしたのでした

20081103184313
続いて、カウントダウンを待ちきれずに私が皆様に自ら開けたのは、1965年の「ムートン・ロートシルト」(上代25万くらいでしょうか…)かなり熟成が進んでいて、ブーケは花開き、ますます「ワインの振り見て我が振り省みなくては」と感じた、同学年のワインの女王なのでした

そこへ秀ちゃんから、プレゼント第二弾が
20081103184315
なぁんと、お客様皆さんとスタッフの分まであろうかと言う、ゴージャスな特製ちらし寿司がマグロのヅケなんて、私の生まれ年にピッタリの練れたお味なことよ

この他にも銀座のお鮨二種が別のお客様からいただき、贈り物はもちろんなのですが、皆さんからのKOKOROの贈り物にも感謝感謝…です

チョコレートケーキを焼いて来てくれた水谷姉さんは、
20081103184317
こちらのチョコレート風味のビール(甘くないのだけれど)と一緒にプレゼントしてくれたのですが、私もこの飲み物にはハマってしまいました

加寿恵ちゃんやあゆちゃんや渡部さん&落合先生、名古屋からの安岡さんに仙台からのマロンちゃん、南極大陸を制覇した續さんや、私のホームドクターに、兄貴分の高橋さんや石井さんや長谷川さん、そしてお魚大好きなそりそり&あっこちゃんに、弟や妹より可愛い(私にはいないんだけど、そんなイメージ)志郎くん&あきちゃん…みんなみんな、ありがとうそうそう、遠い親戚の映画監督の白羽さんはお二人様で、生徒さんのまっちゃんも、わざわざお花を持って駆けつけてくれました


そして…何と言っても10月の棚卸しを終えたあと、一睡もしないで私のBirthdayプレゼントの観葉植物などのお買い物や、牛頬の煮込みを作ってくれた、愛すべきスタッフの石本さん
20081103184322
本当にお疲れ様でした&ありがとうね

こんな1日があるから、人生をまた続けて行こうと、前向きに思えたりする訳です

2~3日にかけての出来事は、また次のお話しで…ね
一昨日は相田翔子ちゃんの結婚披露宴に出席させていただきました

翔子ちゃん、綺麗だったー&可愛かった私は見ていないのですが、皆さん、ニュースでご覧になりましたか?そのヘアメイクは、あのIkkoさんによるものだそうですね

徳光さんの絶妙なテンポ感動とツボを抑えた気の利いた司会進行、記者会見を終えたばかりの総理大臣の挨拶、グルメでワイン好きな彼女たちが吟味した、フルコースのお食事とお飲み物、豪華なゲスト陣の中から、披露宴にふさわしい堀内孝雄さんと五木ひろしさんによる、歌のプレゼントー。
人生最高の日にお招きいただいた私たちまで、幸せな気持ちをお裾分けしてもらっただけでなく、愉しませていただき、そのあともしばらく幸せの余韻は続いていて…、そんなお2人のお人柄が伝わる、きらきらしているのにホッとする、たくさんの方がいらっしゃるのにみんなが温かくなるような、素敵な人生の門出をご一緒することができました

あれよあれよと時は過ぎ、今日から11月、そして明日は私ー誕生日を迎えます思えば去年の今頃は、あばら骨を折っていたので、起き上がるのもままならず、痛みと侘しさにツラ~い日々を過ごしていたなぁって…それを思うと、こんなにいいお天気に思いっきり深呼吸できるだけでも、幸せなことなのかも

今夜のカウントダウンに開けるワインも決めたことだし、夜まではしばらくひとり時間とゆっくり大切に過ごそうと思います

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。