プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070731141703
滋賀から妹(正確には妹分)が遊びに来ました。久しぶりに選んだのは55度あるスコッチ。アルコール度数だけではなく、風味もいわゆるピート香(ちょっと正露丸みたいな)がはっきりあり、全体には力強いのだけどバランスが取れていて、いいスコッチでした。でもこれスコットランド産ではなく、山崎や余市、竹鶴と並んで「日本の」ウイスキーだったのです。ラベルも可愛くて、なかなかレアな感じでしょ。カノンのご近所さんになった、京都の名店『ル・プー』さんにて。いいサービスといいお酒のラインナップ、そしていい時間を醸し出してくれる、いいバーなのです♪
スポンサーサイト
20070708163852
焼き鱧、鱧の肝、鱧の浮き袋。浮き袋は初めてだけど全て絶品! こりゃいい鱧だ~。親方の仕事っぷりも素晴らしく、自ら焼いてくださった一枚目が一番美味しかった。「鱧は焼きが旨いですねぇ(*^^*)」…と言う私に、米原で一緒だった田崎さんは「しゃぶしゃぶも美味しいよ♪」と。次回は鱧のしゃぶしゃぶにトライしよう。できれば名残鱧と早松と一緒だと喜び2倍かも。 いただいたお店はこちらは乃木坂の「侘助」さん。 京を語れる東京の名店です♪
汐留の新しいイタリアンのお店『オリオリア』へ、仲良しのオーナー・シェフとお出かけランチ♪
彼はボン・ムッシューと言うフレンチを、ひとりで切り盛りする超ラブリーな性格のシェフ様です(^-^) まだムッシューが雇われの身だった頃からよくその店に行き、オススメなどいただきながら、ムッシューの横顔を眺めつつ、ひとりカウンターで詩や原稿を書いていたっけ。
お互いなかなか忙しくて、ゆっくりランチなんて久しぶり♪ この店はムッシューがコンサルティングを手掛けた、安くて美味しくてお洒落で、文句のつけようがない、いい店です。またすぐに行きたーい、そんなムッシューみたいにラブリーなレストランです(*^^*)

20070630113409
1・ホタテ貝と水菜なサラダ <ミキュイ=半生な火の通し具合がバッチリ&帆立もタップリ>

20070630113413
2・自家製ベーコンと万願寺のソテー <ワインなランチに嬉しい爽やかな前菜♪>

20070630113414
3・桜エビと葱のスパゲッティ <しっかり桜エビからのエキスを出してる最後まで美味しいパスタ>

200706301134142
4・豚肉のロースト・バルサミコ風味 <このお店の売りは、焼きものだそう。夜また次回他の焼きに挑戦したいと思います。>

サルディーニャに行ったり、プーリア州に着眼したり、なかなかこちらも眼がはなせない勢い店。 ムッシューが見込んだ若干25才のシェフは天性の料理人と見た! 今が買い、の彼が高級店に目覚めたらちょっとコワイ存在になるかも、ね(^o^)/
今日ご紹介するのは、銀座の“十勝屋”さん。日本が今ようやく気付き始めた、原産地呼称にこだわった、北海道・十勝地方を中心とした、お取り寄せレストランでもあります。昨夜はこちらに、わが田崎真也ワインサロンのチーズクラス講師3人と、いそいそ出かけてまいりました♪
若社長の林さんは、明るく気さくなお人柄の方で、こちらで造られている素晴らしい山羊のチーズ『らんらんファーム』の社長でもあります(^-^) もちろんそれだけではなく、十勝に観光客を呼ぶ様々なアイディアを持たれ、また現地の白樺の樹液を使った商品の開発などにも余念がなく、とてもこれからのご活躍が楽しみな、パワーみなぎる方でもあります。
もとい、このレストランー。ワタシごときが紹介しなくても、平日にも関わらずお店は大繁盛! 瞬く間にお席は満席になってしまいました。
こちらで出会ったいくつかのお料理と飲み物をごしょいたします(^^)
チーズの講師ゆえ、チーズ料理が中心となっておりますが、その他の創作メニューや北のお刺身もあり♪ その日のメンバーや気分で色んな楽しみ方ができる、ユニークで時代に合ったお店です。

いざレストランの中へ...
20070610020534
ウ・メス・ウ・ファン・トレス(1+1=3) ...と言う意味を持つ、スペインの発泡酒 CAVA(カウ゛ァ)。いい葡萄+造り手=単純に2にならず、それ以上の3になる...と言う意味なのだそう。この店の店長さんの野林さんが教えてくれました。
地下鉄日比谷線の神谷町駅そばにある楽しい洋風居酒屋『ANZU(アンズ)』さんは、私の著書『楽しい!オンナのヒトリメシ』にもばっちり登場していただいている。田崎真也ワインサロンも近いこともあり、ちょくちょくうちの講師陣も利用させていただいています。ワインもお料理もワクワクのバラエティーの豊富さで、この日もひとりでちょっと立ち寄りました。チーズのクラス会の時もわざわざチーズ群を別に仕入れて下さったり、そのサーウ゛ィス精神には惚れてしまいます(*^_^*)そのタダモノではない、心強い振る舞いには訳が...!まさに、サーウ゛ィスマンとシェフたちは、足して2ではなく、3にも4にも感じられる、心地よいリズムの持ち主。このリズム感、付け焼き刃ではムリ。ぬかりないマニュアル...でもムリ。いいお客様に鍛えられて来た、経験と実績がモノを言っているということ、他ならないのです。
と言う訳で、宴会の幹事さんにとっては仲間からのポイントも高く、またそんなアナタの強~い味方になってくれること間違いなし、のナイスなお店。ぜひ1度、お立ち寄りを♪

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。