プロフィール

nodamikiko

Author:nodamikiko
シンガーソングソムリエール
野田幹子のブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~今日の写真は、初めて訪れた『焼津のおさかなセンター』での、朝ごはんから。
20080328162117

近海の握りセット(太刀魚・金目鯛・鯵)、そして南マグロの三種盛り、鰹のお刺身定食。かに汁が付いて800円はお得感ありますよね
20080328162118
200803281621182200803281621184

広いスペースに、お土産にもピッタリなお魚がズラリ並んでいて、穴場です

~続いては浜名湖パーキングエリア内の、桜がたくさん咲いている広場にて
20080328162118620080328162119

200803281621192200803281621194
湖と花の共演は素晴らしい眺めこちらも日向ぼっこにピッタリの場所で、最高の散策&写真日和何とも気持ちのいい陽射しに、しばし都会を忘れてしまいました

~最後の2枚は、愛知県のセントレア中部国際空港を取り囲む海と、空港内の風景
20080328162119620080328162120

やればできた!、の『どこでもドアの旅』は、雨雲と逆行しながら、最後までお天気をキープできた旅で、なかなか楽しい体験でした

ホントの『どこでもドアの旅』は、ドラえもんがいないとムリなのですが、地続きならば何のその

新しいタイプの旅を発見できた気がします
スポンサーサイト
苫小牧は素朴で温かい、いい町でした(*^^*)

苫小牧漁港そばの『マルトマ食堂』のホッキカレーは、
200802261413052
テレビでも有名になったこと、食べてみる価値のあるボリュームとマイルドなお味♪ホッキ貝の水揚げ量が一番多いこの港では、普段は漁業関係者もたくさん訪れる、やはり素朴な食堂。
20080226141304
そのメニューの多さにはビックリ!の、観光客にとっては楽しい食堂でもあります。この時期は特に甘味があって「貝の王様」とも言われるホッキ貝、もちろんお刺身もいただいちゃいました(^^ゞ
20080226141305

マルトマ食堂からすぐ近くにある、私の大好きな場所『海の駅』。
200802261413054
初日は物色だけしに来たのですが、にしん、カスベ(エイ)、八角のみならず、この土地ならではの愛嬌のあるお魚「ゴッコ」ちゃんにも会えて、
20080226141306
なんだか嬉しくなっちゃいました(^o^)鍋に入れて楽しむのが一般的ですが、しっかりヌメリを取らないと、食感が悪くなってしまうので、なかなか知らない人には難しく…。熱湯でゴシゴシ、2度洗い??ならぬ、2度茹でこぼしするように、しっかりした下処理が必要だそうです。栄養価はさしずめコラーゲン^^;、と言ったところでしょうか?! お魚クンに聞いてみたいな~。

次の日に、あたりを付けておいたお土産を買って、お昼ごはんがてらやって来たのは、海の駅の中にある食堂で、オススメの海鮮丼を。
200802261413062
普段はまず頼まないメニューですが、苫小牧の具だくさんで新鮮な海鮮丼はひと味違う(^^)d ホタテ、ホッキ、イカ、雲丹、イクラ、マグロ、そして小肌。地物は文句ない美味しさで、実はイクラより筋子フェチな私は、オプション(300円♪)で、筋子をオーダー。これにがサッポロ・クラシックの生を飲めば、まさしく「なまらウマイ!」と言いたくなる時間でした)^o^(

隣にある「ホッキ博物館」は、
200802261413064
前日からの大雪で、入ろうにもどう見ても、扉が埋もれている状態…(^^;)(;^^)

その話しをこちらの魚屋さんのおじさんにポロっとすると(私がたくさん筋子や雲丹を買ったせいではないと思いますが(笑))、早速雪掻きを始め、扉が開くようにしてくれ、中のビデオまで流してくれ、何か質問あったら何でも聞いてよ、と親切であっかるいの♪帰りのタクシーまで呼んでいただいちゃいました。
200802261413066
このシャベルが板に付いてる風だけど、苫小牧の皆さんは本当に今回の大雪に翻弄され、夜を徹しての雪と闘っている姿は切なく、自然の厳しさを物語っていました。

こうしてホテルから見た夜景はすっかり銀世界ー。
200802261413068
マイナス12度の静かなピンとはりつめた空気を、窓の向こう、近くて遠くに感じながら、緩やかに夜は更けてゆきました。…って、実は2日目においては、この最後の夜景とお兄ちゃんとのツーショットののち、
20080226141307
み~んなでバーでスパークリング・ワインを飲み過ぎて(それまでにビール、増毛の地酒=国稀は3人で一升+300ミリの日本酒。昼にはワインも…。)、バタッと倒れるように眠ってしまったのでした(>_<)

次の日(昨日)の空港事情は、皆さんもニュースでご存じの通り☆ すご~くラッキーな確率で飛び、帰りはたっくさんの人達が溢れ返る中、『旅割』で事前に座席指定と決済まで済ませておいたので、らくらく飛行機に乗ることができました(^o^;)

千歳空港からは札幌よりずっと近い苫小牧。札幌の表情とはまた異なる、もうひとつのホッとする北海道に、私はぬくぬく寄り添いたい、なつきたいような気分になりました(*^^*)

また行こーうっと、ぬくぬく苫小牧へ(~_~)♪
詳しくはのちほど…。苫小牧では今年1番の大雪で、町中はてんやわんや☆

お知り合いを訪ね、初めて苫小牧にやって来ました♪二泊三日の旅は、食べて飲んでお喋りして、あとはの~んびりホテルライフを楽しんで。

初日は良くたどり着けたって言うくらい、絶妙なタイミングの飛行機で、後続の飛行機はことごとく欠航に(*_*)

私が雪女なのか?!こないだの江ノ島も雪が降るんだもの(・・;)

そして初日の乾杯は、雪の中出かけたこちらの居酒屋さん。
20080225113846
ま、昨日今日雪かきしても間に合わないくらいの雪深さ。
20080225113848200802251138482
ま、しばし雪国気分を味わってね。

沖縄番外編。

沖縄こぼれ話し…のはずが、携帯変えたらmicroSDの写真が、ちっちゃくなってしまい、大きさがどうしても変えられない☆

カメラに保存する分にはいいのですが、どーしてmicroSDになると同じ写真が小さくなるの? 設定変える…べくいじってみたけど、何だかうまくいかないわー(・・;)

でもま、天気もいいし気分良く送っちゃお♪

写真は、宜野座球場で見つけたトラトラ2台よん( ̄ー ̄)
2008022112124820080221121249
絵になるのよね~。

そして、ゴルファーみっこ(^o^)v
200802211212492
こんなにハマるとは。スコアは聞かないでねっ。でもパーって言うのが2回あって、やっぱりバッティングの強みか?とは周りの弁。バンカーにおいてはほぼ1打でアウトしていたが、バンカーが得意って一体…^_^;

パターはもっと練習あるのみね。

チラホラと海が見えるのも沖縄ゴルフの醍醐味。
200802211212496


とりあえず20年振りにしては、逆上がりの時ほど昔とのギャップによるショックもなく、皆さんの温かさと沖縄の暖かさに支えられ、前向きでHAPPYなゴルフになりました♪
200802211212494

そうそう、クラブの軽さと大きさと扱いやすさは、20年前にはない、ビックリの道具の進歩で、だからちょっぴり楽に感じたのだと思~う(^^)d

運動不足極まりない生活をしていたにも関わらず、スコアよりも恐れていた筋肉痛は、1日…2日…3日…?!と、とうとう表れることもなく、かつてデビューした頃のプロフィールに「スポーツ大好き」な~んて書いてあったことを、20年振りに思い出す。ラジオ番組で当時「私、玉感がいいんです。」と生放送で言ってしまってから、「玉感女・野田」と言われるようになったのも、懐かしい想い出…。でも、体を動かしたら、何だか他のことにもリズムが出てきたぞ。

教え上手なカッコイイ先生、近所にいないかしら…(^o^)

以下の写真は沖縄に何度も旅したけど、それでも感激すり味に出逢えたシリーズ。

お料理すべてを載せたかったけど、こんなに美味しい石垣牛は石垣島でも、なかなかなかった。
200802211212498
ベスト1、2を争うステーキは、那覇市内の『百々』さんにて。こちらは隠しておきたいくらいハマった名店です。

大抵沖縄でおソバと言えば、石垣で八重山ソバを食べることがほとんどだったけど、本島の沖縄ソーキソバは、洗練されていてバランスが良くて、ここのは美味しかった!
2008022112124910
タクシーの運転手さんに「沖縄の伝統的な料理とソバのどちらも美味しいお店に運んで~。」と連れて行ってもらったのだけど、どうも名前が思い出せませぬ。皆さんも足と耳で、自分のお気に入りを見つけてみてね♪

追伸、番外編オブ番外は、阪神キャンプの帰りに立ち寄る許田の「道の駅」で出逢った「シチューマチ」。
20080221121250
マチ科のお魚はたくさんあるから、お顔と照らし合わせて覚えてゆくとしましょー(^-^)/
横浜インターコンチネンタル・ホテル 31階の中国料理屋さん『KARYU』の海鮮コース。
20080219083434200802190834342
200802190834344200802190834346
2008021908343482008021908343410
2008021908343412

チャイニーズを食べる際に、私としては珍しく、海老と蟹や貝をフューチャーしたスペシャル・コースだったけど、ちょうどこんな魚介フェアをやっていたことと、一緒に行った彼女が甲殻類好きだったと言うことで♪ そこに点心3品を加えてバランスを取り、皆さんの横浜イメージ=崎陽軒ムードを加えたら、やっぱり飲むべきは紹興酒。
20080219083433
ぬる燗・常温・ロックをお料理によって着替えるように楽しめば、お酒とお料理のマリアージュも倍増すると言うもの(*^^*)

夜景のご馳走で食事の余韻にひたりたかったから、
2008021908343414
実は人気の窓際をウェイティングしてまで予約した訳です♪

ウェイティングはオススメのバー『スターボ』へ。想い出のこのバーは、ライヴも日替わりで楽しめる、大人のためのシンプルで落ち着いたお店。カノンを始める数ヵ月前に初めて麻美ちゃんとやって来て、誕生日当日の私に麻美ちゃんは、「Happy Birthday」の生演奏をさぷらいでプレゼントしてくれたお店です♪いや~、泣けたです、あの日は。

あとは部屋の夜景のご馳走とともに、仙台から参加の彼女が持ってきてくれた、チーズ味の笹かまとプリッツのずんだ味、昼間行った江ノ島でゲットした、しらす味のさつま揚げをおつまみに、ビールで言いたいこと言い合うお喋りで、言い合ってるうちに泣く人登場…で夜も更け行きー。

明日の風は明日吹く旅、ゆっくりまずは眠るのが、気ままな女旅の美容と健康のためのお仕事でもあります(~o~)
横浜インターコンチネンタルホテルに3人ひと部屋でお泊まりの、今までにも経験のない、トリプルルームの旅です(^-^)

マラソンで賑わう東京駅で待ち合わせし、快晴のスタート。実は江ノ電初体験。いつも車の助手席だったような。電車大好きなのにね。チンチン電車は、特に好きよ♪
20080217160840

江ノ島に到着。
20080217160841

目的地のひとつに弁財天が。
200802171608412200802171608414
鎌倉が本家とも聞きましたが、海運、漁業、交通、恋愛成就、そして芸能の神様だなんて、私の人生そのものの神様!『太陽・江島・少女…いやいや淑女』?!ようやく今年の初詣も成就しました。

通り道に見つけた、世界の貝の博物館で、貝のれんと、弁財天キティのストラップをゲット。
200802171608416


ランチの写真は、彼女が頼んだしらす丼と私が頼んだお刺身定食とその小鉢料理が色々
20080217160841142008021716084112

♪江ノ島地ビールは、月夜編と夕日編がありました(*^^*)
2008021716084110

お店は民宿もやっている『海上亭』さん。
20080217160842200802171608418
家族経営の素朴な宿は、絶景の太平洋と温かいおもてなしが心地よく、もうひとつの江ノ島ライフに出逢うことができました(~o~)
那覇ごはんは、この旅のテーマでもある、欲張り大人の満足メニュー満開。那覇の1軒目にフレンチに来るなんて、めったにないことですが、ここのオーナーソムリエールの平瀬さんが、お店をオープンされたと聞き、いそいそやって来てしまいました(*^^*) お店の名前は「レストラン・サン・ヴァンサン」。クラシカルでシックな店内は、いい気持ちでゆっくりお食事を楽しめる、那覇でも稀少な名店です。
こんなにラブリーなテーブル・コーディネートにうっとり~♪
20080212125312
帰りにたくさん写真を撮るつもりが、アラカルトのお料理に合わせて平瀬さんにワインをグラスで選んでいただくと言う贅沢により、帰りはいい気分で写真に納めることなど、早くも忘れていたのでした。素晴らしいセレクションのグラスワインを、ありがとうございました(^_^)/□☆□\(^_^)

マクブーと言う地魚のカルパッチョ、
20080212125313

ワタリ蟹のパスタ、
200802121253132

仔鳩とキノコのローストなど、どれも美味しかったのですが、その鳩に合わせていただいたボルドー「シャトー・サンピエール 1997」は忘れがたいマリアージュでした(*^^*)
200802121253134
1997年は、私がソムリエ資格を取って、初めてボルドーに足を運んだ年!だから、右岸と左岸の土壌まで、天候まで想い出せる、まさに想い出の年なのです(^-^)v


2軒目は「いつ世」と言う、豚肉を中心とした沖縄郷土料理のお店で、BEGINの等くんに聞いて、予約を入れました。人気店でこの日もいっぱいでしたが、忘れられないくらい美味しくて思わずお代わりしてしまった「島らっきょ」
200802121253136
(いつにも増して香りが強く、しゃっきり感を含め完璧!)、

「紅豚のみそ焼き」200802121253138
(泡盛、特に古酒=クースーにばっちり!)、

そして等くんオススメの「紅豚の握り」
2008021212531310
(でも1番印象深かったのは「紅豚のしゃぶしゃぶ」!これ以上ない、と言うくらいの薄さで、脂の甘味と豊潤な豚らしい香りは、紅芋を食べてる子達(^o^)っていうことがわかるような風味の、たまらないしゃぶしゃぶでした♪)

これでは終わらぬ3軒目は、昨年の沖縄キャンプの時にも伺った、鮨の「喜作」さんへ。地魚を安心していただけるので、今回は最後に、居酒屋みたいに楽しませていただきました。

写真はお刺身盛り合わせ
2008021212531312
(赤身から反時計回りに、大東マグロ、シチューマチ、マクブー、ティラジャー=こま貝、キビナゴ、そして右はずれは、大東島の鰆のエンガワを焼いたもの。シコッとした食感と脂がまた泡盛にぴたっと合います)。

次なるは「ナワキリのマース煮」。
2008021212531314

そして「ドゥルワカシー」
2008021212531316
(田芋に椎茸や豚肉を混ぜて作る、おからの芋バージョンみたいな食べ物。お店の方のオススメだけあって美味しかった♪)

以上中田のホームランに圧倒されて、ご報告遅くなりました(~_~;)

もっとビックリ、みっこの20年振りのゴルフ報告へと、沖縄欲張りツァーは続く…。
20080212121709
この直後、怪物中田くんは海に向かって突き抜けるような特大場外ホームラン…皆さんが言うように、坂くんのホームランなどは一気に消えてしまうような、センセーショナルな記憶に残る一発でした(゜゜;)\(--;)私が記者でも、これをメインに書くでしょう(((^^;)

ま、日本の球界にとっては財産だし、阪神だって喉から手が出るくらい来てほしかったんだから仕方な~い、ね☆
20080210140333
球場に着くなり、背番号35(みっこ番号♪)の期待の星・坂くんが、なんとホームラン!

続いて浅井もホームラン!! さい先ええな~(^o^)/
でも去年の日ハム戦も勝ったんやったなぁ…(((^^;)
ただ今、宜野座の料金所を通過中(*^o^)/\(^-^*)

20080210124122
料金所のおじさんもこんな感じです♪

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。